ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:坂城町 千曲川雪景色)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:坂城町 千曲川雪景色)

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 農業用水・農村整備 > 新緑の信州高山松川渓谷 八滝 雷滝 七味大滝 七味温泉 紅葉館 

新緑の信州高山松川渓谷 八滝 雷滝 七味大滝 七味温泉 紅葉館 

農地整備課T1です。高山村の松川渓谷にある滝を紹介します。

IMG_0006
まずは八滝、段数が八つあることから八滝と呼ばれています。

IMG_1005IMG_1013
県道66号を上がっていくと八滝の展望台ともみじ亭がみえます。もみじ亭では根曲り竹のすいとんが食べられます。(ニラ、とき卵が入っています。)その他にもフキ菓子がありました。

IMG_1750
IMG_0474 IMG_0469
八滝もみじ亭

電話026-242-2333

営業期間 4月末~11月中旬ごろまで 営業時間10時~16時 定休日 火、木 (都合により定休日以外にも休業することがあります。)

次は雷滝、松川本流が雷鳴のように轟音をたてて落下しているから雷滝といわれています。滝の裏側を通り見ることができます。裏見の滝ともいわれています。

IMG_1034 IMG_0041
県道66号を八滝展望台から少し上がったところに雷滝ごろごろ亭があり、その駐車場の横に雷滝へ降りていく入口があります。雷滝ごろごろ亭では地元の漬物や味噌などの土産物を販売しています。

IMG_5734 IMG_5733
雷滝ごろごろ亭

電話026-242-2733

営業期間 4月末~11月中旬ごろまで 営業時間9時30分~15時または15時30分 定休日 水、金 (都合により定休日以外にも休業することがあります。)

最後に七味大滝です。七味温泉の近くにあるから七味大滝といわれているのでしょうか。

IMG_009211 IMG_010611
七味大滝へ行くには、県道66号から分岐する七味温泉へ通じる村道を下り、七味温泉橋の手前を左折し林道山田入線に入ります。そこから約1kmで通行止となっています。そこに七味大滝まで420mの案内板が出ています。登山道のような遊歩道が整備されていて、終点に展望台が設置されています。展望台の床が古くなっていますので足元にご注意願います。途中、熊追の鐘が設置されています。5月中旬に行った時は、しゃくなげが咲いていました。

IMG_1351 IMG_1350 IMG_1353 IMG_0081
高山村では農業農村整備事業で山奥の水路を整備しています。落ち葉や土砂が流入しないように暗渠化し、その上を軽トラが通れる管理道として整備しています。

O O O
七味大滝を見た後、七味温泉の紅葉館に日帰り入浴しました。ここはエメラルドグリーンの湯、炭色の湯、乳白色の湯など3種類の温泉が楽しめます。日帰り入浴の駐車場は紅葉館からさらに20m行ったところにある紅葉館専用駐車場に駐車してください。(浴室の写真は受付の許可を得て撮影しています。)

IMG_0335 IMG_0338 IMG_0339 IMG_0344
信州七味温泉 紅葉館

〒382-0800長野県上高井郡高山村七味温泉

電話026-242-2710

日帰り入湯 10時~15時(入湯時間は変更する場合があります。おむつの子供さんは入湯できません。)  ※紅葉館ポイントカード 入湯1回につき1ポイント押印。10ポイントごとに無料入浴ができます。

日帰り休憩 10時~15時(有料)

紅葉館HPはこちら

紅葉館はたぬきが立ち寄る宿としても知られています。玄関脇にたぬきの細道があり、たぬきに会えました。県道66号や村道ではサルやニホンカモシカなどの動物が横断することがありますので運転にご注意願います。

IMG_1734 IMG_5739
※七味温泉橋は現在、架け替え工事中です。林道山田入線には仮設道路から入れますが、工事の工程によっては通行止めになることがあります。落石の跡がありましたので通行には十分ご注意願います。また、たぬきは工事の音がすると出てこないとのこと。

※高山村では村内の遊歩道各所に「熊追いの鐘」を設置してあります。鈴やラジオの携帯を呼び掛け、熊追いの鐘を鳴らしながら散策していただくようお声掛けしています。

LINEで送る

このブログのトップへ