ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:坂城町 千曲川雪景色)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:坂城町 千曲川雪景色)

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 防災・NPO・人権・青少年 > 「にっこりひろば」が開所してみんな「にっこり」(*^▽^*)

「にっこりひろば」が開所してみんな「にっこり」(*^▽^*)

こんにちは総務管理課県民生活係のMCです。

長野市街地に今シーズン初めての積雪となった12月27日、長野市三本柳に誕生した「にっこりひろば」の開所式に行って来ました。

神事3 〈開所式での神事の様子〉

「にっこりひろば」は、三本柳小学校の学区内の住民有志らでつくるグループ「さんぼんやなぎプロジェクト」が運営を手掛け、建物は、旧グリーン長野農協三本柳支店が空き店舗となっていたものを活用しています。

これまで行っていた、子ども食堂や学習支援に加え、子どもたちと障がい者施設利用者の交流や高齢者向けのIT講座などを開く予定で、地域住民や高齢者も交流できる多機能な居場所としたいとのことです。

他にも、地域の方々の声に耳を傾け、魅力的なイベントを企画していく予定です。

開所式当日は、子どもたちの冬休み初日と重なったこともあり、子どもたちと高齢者の交流を目的にお正月用のしめ縄飾りを作る講座が開かれていました。

地域のボランティアの皆さんが用意した、つきたてのお餅が振る舞われ、子どもたちもおいしそうに食べて、にっこり(*^▽^*)笑顔があふれていました。

しめ縄作り ふるまい餅

建物内は、住民が気軽に集えるよう畳敷きの小上がりを確保したり保健所の営業許可の取得を考慮した厨房を増設しましたが、工事費用や日々の運営費をどう捻出するかが、大きな課題となっているそうです。

様々な助成金に応募したり、インターネットで資金を募るクラウドファンディングなどを活用して物品や施設内の設備を充実させたいとのことでした。

また、建物内の一室は「信州こども食堂ネットワーク」の食糧庫とし、東北信地域一帯で開かれるこども食堂への食材提供の拠点として活用していきます。

 

厨房 (2) 冷凍庫 (1) 〈厨房や食糧庫内の冷凍庫〉

「にっこりひろば」が笑顔あふれるみんなの居場所として定着することを期待して、私も癒されにまた、おじゃましたいと思います。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ