ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 野尻湖)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 野尻湖)

地酒のすすめ7 長野銘醸

寒さが本格的にきていますね一日中氷点下の真冬日を体感すると、

これこれ、長野県の厳しい冬!!と痛感する暖かい地方出身の商工観光課タロッコです。

燗酒やホットワインをすこーし飲んで体をあたたかくして過ごしています。

(コタツ以外の暖房器具がないので・・・)

 

 

さて、今回は「長野銘醸」をご紹介します。

長野銘醸は、千曲市八幡にある創業元禄2年(1689年)の歴史ある蔵です。

(リニューアルはされていますが)歴史ある蔵を見ることができ、登録有形文化財である魅力的な酒蔵です。

長野銘醸 蔵
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野銘醸は、和田酒店のビン詰め工場としてできたようで、千曲市 唯一の造り酒屋です。

特に「純米」にこだわっていて、現在醸造されている日本酒はすべて純米酒だそうです。

主な銘柄は「姨捨(おばすて)正宗」「聖山(せいざん)」「風神雷神(ふうじんらいじん)」など。

 

その一部について、特徴をご紹介します!

◎「純米オバステ正宗」

「普段飲みこそ純米酒を飲んで欲しい」との想いを入れた

キレ良く味わいにこだわったお酒で常温・ぬる燗・熱燗でおいしく飲めます

 

◎「純米吟醸月の都」

「フルーティーな香りとお米のまろやかな味わいをお楽しみください」・女性に好まれています

 

◎「風神雷神」

純米酒らしさを、より追求し「お米の旨み」と「きれいな酸」を生かした

純米酒・特別純米酒・純米吟醸酒の新純米シリーズです

 

◎「純米大吟醸姨捨正宗」

「これぞ大吟醸酒、フルーティーな香り、芳醇な旨み、まさに最上級といえるでしょう」

蔵人の魂と技で出来ております

 

◎「聖山」(せいざん)

仕込み水の水源でもある地元の山に因んで名づけられました

蔵人が毎年造りたい酒を設計し、こだわり抜いて造ったお酒です・・・

このお酒は、少量生産のため特約店のみの販売になります

お求め先は、長野銘醸HP内「聖山シリーズ販売店について」のページをご覧ください。

長野銘醸タンク
この写真は、酒を貯蔵するタンクです。

長野銘醸の広大な敷地が物語るように、かつては70タンクを越える醸造量だったそうです。

(この写真に写っているタンクだけでも6,180ℓ、3,183ℓと、1タンクあたりはまちまち)長野銘醸米
また、伺ったときは丁度酒造りがはじまった頃でした。

これは、酒米を蒸しているところです。

 

各蔵から新酒が続々と発売されていますね。これこそ寒い時期ならではの楽しみかもしれません。

ぜひフレッシュな新酒の味わいを楽しんでみてください。

 

長野銘醸では、11月28日から「純米生原酒しぼりたて姨捨正宗」が発売されています。

季節限定のお酒です。新酒を含め、オンラインショップで扱いがあり、全国から購入できます。

ただ、インターネット購入だとお酒に詳しくない人にはどれにするか悩むところですよね。

私は普段、店員さんに教わりながら買うのでさえ悩んでしまいます・・・。

長野銘醸のオンラインショップでは、味わいやどのようなシーンで楽しめるかなどが書いてあり、

日本酒にあまり詳しくない方やプレゼント選びの際、参考になりそうです。

 

さらに、長野銘醸では毎年3月下旬ごろに蔵開きが行われており、格安で酒かすの詰め放題があるそうです。

この酒かすは、もちろん純米酒のもので添加物がないので大変人気があると伺いました。

春になったら、蔵開きへお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

長野銘醸の地酒のすすめ
「純米酒にこだわり、普段飲みに想いを入れたお酒造りを目指しており、

食中酒としてお料理の素材の味を生かしたお酒として冷やでもお燗でも堪能できるお酒です」

 

酒蔵見学は完全予約制で受け付けています。

戸倉上山田温泉の宿泊客も立ち寄るのだとか。

温泉街からは、姨捨の棚田を見ながら車で20分ほどの距離にあります。

詳しくは長野銘醸にお問い合わせください。

住所:千曲市大字八幡275

TEL:026-272-2138

FAX:026-272-2380

E-Mail:info@obasute.co.jp

長野銘醸のホームページ:http://www.obasute.co.jp/

 

 

●次回は小布施にある松葉屋本店をご紹介します。地元想いでフットワークの軽い社長さん!

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE