ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 雪ねむりでリンゴもまろやかに ~飯綱町で雪室実験~

雪ねむりでリンゴもまろやかに ~飯綱町で雪室実験~

お久し振りです!商工観光課のヤスさんです。

「今回は豪雪もお役に立ちます」、雪室(ゆきむろ)を活用したりんご・そば粉の貯蔵のお話です。

長野市北部から坂中トンネル超えで飯綱町に入って5分。飯縄山(1,917M)東麓の(有)飯綱町ふるさと振興公社が運営する横手農産物直売所では、県の地域発元気づくり支援金を活用した本格雪室(断熱仕様の貯雪庫)が、本年1月にお目見えしました。


2月には降りしきる雪の中、地元の皆様と当地方事務所協働による「雪入れ」「商品貯蔵」が行われ、現在同施設内にはりんご4,200個・そば粉6トンが眠っております。
因みに、同公社所有の登録商標は「雪ねむり」です。

雪中貯蔵の目的は、自然エネルギーを活用し初夏まで商品鮮度を維持することは元より、糖度上昇でまろやかな味わいになることも期待されています。

具体的には、りんごに関する還元糖上昇度の比較データ採り(雪室、雪山、冷蔵庫)を、県工業技術総合センター(食品技術部門)の協力を得て、実施中です。

5年前から雪山貯蔵で検証を始めた同公社 代表取締役 平塚 慶吾さんも、ここまで事業が発展して来たことに感慨深げなご様子でした。

心待ちな雪ねむりりんご・そばのお披露目は、桜の蕾の頃4月6日(土)横手農産物直売所で始まります。

雪国の春、百花繚乱が待たれます。


長野地域「地域発 元気づくり支援金」:平成25年度第一次募集は終了しました。

飯綱町観光協会

このブログのトップへ