ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 野尻湖))

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 野尻湖))

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 高山村の桜と千曲川河川公園の菜の花~お花見日記5~

高山村の桜と千曲川河川公園の菜の花~お花見日記5~

毎度失礼します。
商工観光課のえみフライです。

4月27日(日)、満開のお花を求めて高山村と小布施町の千曲川河川公園に行ってきました。
毎週末になるとお花見に出かけるえみフライ一家は、「今度はどこのお花を見に行くの?」と子どもたちにとってもお花見が日常になっています



高山村の五大桜を見に行ってみたいということで、この日、午前中に高山村を訪れましたicon17信州高山桜マップを見ながらまずは水中のしだれ桜をめざしました。

「農協西」の信号を右折してからは、案内看板の矢印どおりに進んでいきました。目的地に近づくに従って道は細くなっていきましたが、一方通行にして行きと帰りの道順を分けてあるので、問題なく行けましたface08 駐車場に行くと、たくさんの車と人face01この日、桜めぐりトレッキングを実施していて、歩いてまわっている方もたくさんいました。


水中のしだれ桜は、高山村の五大桜に数えられ、樹齢250年という村指定の天然記念物です。
幹の太さ4メートル、高さ22メートルという雄大でありながら優美なこの桜をしばらく眺めた後、駐車場の脇の農産物直売所に立ち寄り、近くで採れた春の味覚を試食。うどの酢味噌和えはとってもおいしく、多くの方が買い求めていました。



次は赤和観音のしだれ桜を見に行きました。水中から赤和観音へ案内看板が所々にあり、迷うことなく行けました。


赤和観音のしだれ桜は、これまた樹齢200年という立派な桜の木ですが、子どもたちは、この階段の先にある赤和観音が気になるようで、どんどん階段を上って先を行ってしまいましたicon10はじめはこんな木の階段でしたが、上っていくと石の階段になりました。


そして、もっと上っていくと、こんな急にface07それでも子どもたちはお構いなしにハイペースで赤和観音目指して一気に上って行ってしまうので、ついていく私たち大人の方が大変icon10icon10
これが赤和観音からの眺め。ちょっとしだれ桜は見えないかな。


さあ、高山村の桜はもっともっとありますが、午後からは小布施橋下の千曲川河川公園の菜の花を見に行くことにしましたicon17

とってもたくさんの人たちがバーベキューをしたりお弁当を食べたりしながらお花見を楽しんでいました。菜の花だけでなくいろんなお花が楽しめるのもうれしい千曲川河川公園icon14河川敷の桜はもう終わりといった感じでしたが、花桃やしだれ桜は満開でした。黄色に赤、白、ピンク。とってもきれいでしたicon06

管内にはお花を楽しめる場所がまだまだたくさんあり、週末はこれからも忙しくなりそうなえみフライ一家ですicon16
みなさんも、ゴールデンウィークにお花を見に行きませんか?
ちなみに、信州高山桜まつりは5月6日(火)まで開催中です。そしてお花見の後にはゆっくりと温泉を楽しんでみるのもいいですねicon23

LINEで送る

このブログのトップへ