ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 現代の北斎よ、小布施に集え。「HOUSE HOKUSAI」(いいね!インタビュー⑫)

現代の北斎よ、小布施に集え。「HOUSE HOKUSAI」(いいね!インタビュー⑫)

いま、小布施町がとてもアツいです
以前から観光地として人気ですが、最近は学生や若い起業家が定期的に集まり、ワクワクするような新しいアイデアが生まれる場所としても注目されています。
そんな小布施町に今年の4月、「HOUSE HOKUSAI」というコワーキングスペースがオープンしました。
クリエイターの集まる場所づくりを目指して活動している、代表の塩澤 耕平(しおざわ こうへい)さんにインタビューしてきました!

代表の塩澤 耕平さん

代表の塩澤 耕平さん

-まずは、塩澤さんの経歴を教えてください。

地元は、長野県の駒ケ根市です。大学を卒業して(株)NTTデータに入社し、医療系の業務を担当しました。3年間勤めた後に退職し、武藤 真祐(むとう しんすけ)さんという医師の方が東日本大震災の後に宮城県石巻市で支店を立ち上げた「祐ホームクリニック」という在宅診療所で働きました。

-どうして、宮城県に行くことを選んだのですか?

(株)NTTデータという大きな会社の中で3年間、医療の仕事に携わるうちに、もっと現場に近いところで働きたいという思いが強くなっていました。そんな頃、武藤さんにお会いしたことがきっかけです。被災地の復興に携わりたいという気持ちも当然ありましたが、医療とマネジメント(=経営)の両方を実践している武藤さんがとても魅力的な方で、彼らと一緒に働きたいという気持ちが強く、転職することを決めました。

-その後は、どんな活動をしていたのでしょうか。

最初の3年間は石巻市で活動して、新規事業の立ち上げや、ハーバード大学ビジネススクールの学生が女川町を訪問した際のアテンドなどを経験させていだきました。
石巻市で活動した後は、武藤さんがシンガポールで立ち上げた医療系ITベンチャー企業のお手伝いをしたり、遠隔医療のベンチャー企業「インテグリティ・ヘルスケア」の立ち上げに携わったりしました。まさにここで、新しい会社をつくるという経験・勉強をさせていただきました。
その後1年間の準備期間を経て、2018年4月にHOUSE HOKUSAIをオープンしました。

この場所で、イベント等も開催できます。

この場所で、イベント等も開催できます。

1 2 3 4

このブログのトップへ