ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

5月の大洞高原(小川村)

農地整備課のSightです。

ため池カードスタンプラリー以来、久しぶりに早朝に小川村の大洞高原に行ってきました。最高の展望がありました。

展望(アルプス) 大同大池

5月12日、大町市から長野市にかけて震度5弱の強い地震があり、農地整備課でも非常体制を敷いて対応にあたり、地震時のため池点検を実施しました。

小川村の大洞大池は平成26年11月の長野県神城断層地震で施設の一部が破損し、平成28年に復旧したばかりです。

今回の点検では「異常なし」でした。

このため池は小川村から長野市鬼無里方面へ抜ける峠にあるため、水源が気になり地図を開らくと飯縄山が目に留まりました。

ちなみにこの飯縄山は長野地域のシンボル北信五岳「飯縄山」ではありません。

ため池の流入口から水路をたどると飯縄山に入りました。

飯綱山 

大洞大池周辺は公園のほか散策コースが整備されており、山頂も含まれています。

鳥居 散策コース

登り口の鳥居をくぐり、新緑の中を歩き始め登ること20分、山頂の稲丘神社に着きました。

農業の守護神が祭られており、標高1,000m近い里山農業を支えているのはこの飯縄山だと実感しました。

稲丘神社 案内板(飯綱山)

 

田んぼ

のんびりした風景に見えますが5月はお祭りや田植えにと忙しい季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ