ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 美味しい×楽しい=∞ 「SOBA×CAFE EN」(いいね!インタビュー⑨)

美味しい×楽しい=∞ 「SOBA×CAFE EN」(いいね!インタビュー⑨)

こんにちは!商工観光課のKです。
長野県の名物のひとつ、蕎麦
県下には名店がたくさんありますが、長野市に一風変わったおしゃれなお蕎麦屋さんがあると耳にしました。そのお店は、篠ノ井にある「SOBA×CAFE EN」。
お蕎麦が食べられるのはもちろん、昼はカフェ夜は英会話教室、さらにはミュージシャンがやってきて、ライブも開催しているとか・・・。いったいどんなお店なのでしょうか?
店長の堀内 拓さんにインタビューに行ってきました!

店長の堀内 拓さん

店長の堀内 拓さん

-最初に、お店について簡単に紹介してください。

当店は2012年にオープンしました。当初は、私の母親と妻でカフェを営んでいました。蕎麦の提供を始めたのは2015年ですね。

-はじめからお蕎麦屋さんだったわけではないのですね。

僕は以前、東京の飲食店に勤務していましたが、ゆくゆくは自分の店を持ちたいと思い、2008年に長野県へ戻ってきました。その後、川中島にあるたなぼた庵様で修業をさせていただきました。

-それで7年間修業をして、お蕎麦屋さんとして独立されたのですね。一人前になるためには、やはりそれぐらいの時間が必要なのですか?

うーん・・・。人によると思います(笑)。僕も当初は5年と聞いていましたが、実際は7年かかりました。僕の兄弟子さんは、10年ぐらい修業していましたね。

午後は、ゆっくりくつろげるカフェに

午後は、ゆっくりくつろげるカフェに

-20代の5年間というと、かなり長い時間を修業に費やすというイメージです。

1 2 3 4

このブログのトップへ