ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域の魅力 > 北信五岳のひとつ飯綱山に登りました!!

北信五岳のひとつ飯綱山に登りました!!

長野保健福祉事務所のヤマキチです。GWに長野市民の山、北信五岳の一つ、日本二百名山の一つに選ばれている飯綱山に南登山道で登りました。この時期、長野市街地からは、雪はほぼ消えて見えませんが、山頂部から北側、西側斜面は雪の斜面となっています。ただ、今年は例年より雪は少ない感じでした。なお、山頂までは普通の登山靴で大丈夫です。

車で長野市街地を抜け、七曲りを登り、戸隠バードラインを進み、一の鳥居苑地駐車場で車をとめます。準備をして、まずは一の鳥居登山口を目指します。道路沿いに、朝の光でスイセンがきれいに輝いていましたので、早速写真を撮ります。

(スイセン)

8.35スイセン

 

一の鳥居登山口付近に、車が10台程駐車しています。以前は3,4台しか駐車できませんでした。その車の間を通って、鳥居をくぐり登山開始です。

(一の鳥居)

8.40登山口

 

なだらかな登りの登山道が続きますので、快調に進みます。やはり春です、足元にはスミレが群生しています。

(スミレ)

8.43スミレ

 

林道を横切り、奥宮一の鳥居跡を過ぎると、やや斜度が増し、十三佛の石仏が現れてきます。第一不動明王尊、第二釈迦如来、第三文殊菩薩とまでは確認しましたが、第四普賢菩薩を見落としてしまいました。いつものパターンです。

以降は、第五地蔵菩薩、第六弥勒菩薩、第七薬師如来、第八観世音菩薩、第九勢至菩薩、第十阿弥陀如来、第十一阿閦如来、第十二大日如来、第十三虚空蔵菩薩と続きます。

登山道から離れている石仏もありますので、注意して登りましょう。休憩場所として、時間的にもちょうどいい頃合いに、駒つなぎの場に到着します。この後、急登となりますので、一休し水分を補給します。

(駒つなぎの場)

11.51駒つなぎの場

 

一休後、斜面をジグ~ザグ~と進み、富士見の水場を横に見て、天狗の硯石まで登ります。ここで一休と考えていましたが、人が多いためパスします。

(富士見の水場)

9.29富士見の水場

 

(天狗の硯岩)

11.28天狗の硯石

 

間もなく、樹林帯を抜け、笹が茂る登山道になると頂上は近づきます。 まだ白い北アルプスが見えてきますので、何度も何度もふり返りながら眺望を楽しみ、写真を撮ったりします。西登山道を合流し、飯綱神社の奥社を横に見て飯綱山の南峰に到着します。

(南峰への登り)

11.13南峰への登り

 

(北アルプスの眺望)

9.42北アルプス

 

(西登山道と合流)

9.54西登山道合流

 

(南峰の石仏)

10.02南峰石仏

 

さて、ここから山頂(北峰)へは、雪と泥の登山道へと変わります。雪は滑らないよう気を付ければいいのですが、泥は勘弁です。登山靴が汚れないよう少し登山道を逸脱しながら雪を拾い進みます。

(南峰から山頂(北峰)へ向かう。)

10.54南峰から北峰稜線

そして、標高1917mの飯綱山山頂へ到着します。独立峰の最大の強みは、やはり360度遮るものがない眺望です。お昼にしては早い時間でしたので、眺望を楽しみながらおやつを食べ、水分を補給します。

(飯綱山山頂)

10.15飯綱山山頂

 

(左から、高妻山、中央の焼山、火打山、そして黒姫山と妙高山が重なって見えます。)

10.55頸城山脈

 

(南峰と北アルプス)

10.26南峰、北アルプス

 

(南峰と背景の槍穂高連峰)

10.26南峰と槍穂高

 

帰路、時間に余裕がありましたので、南峰で時間をとり、飯綱高原の大座法師池やスキー場を確認したり市街地方面の眺望を楽しみます。

(大座法師池、飯綱高原スキー場)

11.03長野市街地方面

 

(山頂と霊仙寺湖)

11.02北峰と霊泉寺湖

 

ここから、一気に下山しますが、やや薄雲が広がってきたためなのか、かなり立派な彩雲が出現しました。虹色が濃く、1時間程度継続しましたので、何枚も写真を撮ってしまいました。

(立派な彩雲)

11.31彩雲

 

また、帰宅後コーヒーをいれるため、富士見の水場で1リットルのペットボトルに水を補給しました。湧水をおみやげにすることは、水場のある登山の楽しみの一つとなっています。

撮影 平成30年(2018年)4月30日

お問い合わせ先 長野県長野保健福祉事務所 電話 026-223-2131

 

LINEで送る

このブログのトップへ