信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

長野県魅力発信ブログ > 信州ミュージアムナビ > 信濃美術館 > 「太田英茂」ってどんな人?

「太田英茂」ってどんな人?

こんにちは、信濃美術館です。

現在当館で開催中の「アートディレクター・太田英茂の仕事」展。でも太田英茂って誰?アートディレクターって何?と思う方も多いのではないでしょうか。

太田は、自身の業績を残すことを嫌ったため、その名はあまり知られていませんが、実は日本の近代デザインや広告界の草分けといわれている人なんです!今回の展覧会は、彼の全貌を明かす初の回顧展。展示作品や解説でもその魅力を存分に味わっていただけますが、もっと彼について知りたい方には「ギャラリー・トーク」がおすすめ。実際に作品を観ながら、当館学芸員が解説を行います。

一つの商品を広告するために、手法、キャッチコピー、デザイン等々、さらには商品の品質にまでこだわりぬいた太田。学芸員の解説を聞きながら、奥深い太田の世界にふれてみませんか?

ギャラリー・トークは期間中の毎週日曜日、13時30分から行います。申込みは不要ですので、お気軽にご参加ください!


23日(日)のギャラリー・トークの様子
【展覧会情報】
●〜11月4日(日)
信濃美術館企画展「アートディレクター・太田英茂の仕事」
梓村(現松本市)出身で、昭和初期に広告界の神様といわれたアートディレクター・太田英茂(1892-1982)。本展では太田が関わった広告物等とともに、彼のもとに集ったクリエイターの作品を展示し、太田英茂の仕事の全貌と日本の商業デザインを紹介します。

●9月27日(木)〜11月27日(火)
東山魁夷館常設展Ⅳ「旅の季節」
制作の準備のため、季節を問わず、国内外さまざまな土地へ旅をした東山魁夷。第Ⅳ期では「旅の季節」をテーマに、京都、ドイツ、オーストリア、中国など各地への写生旅行をとおして生み出された作品をご紹介します。

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4電話)026-232-0052/FAX)026-232-0050
e-mail)npsam@coral.ocn.ne.jp / URL)http://www.npsam.com


LINEで送る

このブログのトップへ