信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

モビール絶賛展示中です!

こんにちは、信濃美術館です。

10月5日(土)、「魔法の美術館」展ワークショップ「鳥の羽でモビールをつくろう」を開催しました。

今回の講師は、「魔法の美術館」展にガチョウの羽を使った作品を出品している小松宏誠さん。展示室で小松さんの作品を鑑賞したあと、作品制作にうつりました。材料には、鳥の羽、木の枝、モール、綿棒、セロファンなどさまざまなものが準備され、参加者の皆さん、頭を悩ませつつ真剣に制作していました。

さて、完成した作品をHPにアップ!……といきたいところですが、今回制作された作品は展覧会期間中、ロビーに展示されています。きらきら光って、ゆらゆら揺れて……。ロビーにも光のワンダーランドが出来上がっていますよ。魔法の美術館ご来館の際に、ぜひご覧になってください。

モビールをつくるワークショップは本日のみですが、その他にも紙粘土で街をつくる「みんなの街に魔法をかけよう」や、美術館の人と一緒に作品をみてまわれる「魔法の美術館体験ツアー」など、イベントが盛りだくさん。ちょっと変わった芸術の秋を楽しむなら、ぜひ信濃美術館へ!お待ちしてまーす!

※イベント開催日時は当館HPをご覧ください。

 

 


【展覧会情報】
●10月3日(木)〜12月3日(火)
平成25年度東山魁夷館常設展Ⅳ「風」
《木枯らし舞う》、《行く秋》・・・。秋を描いた東山さんの作品からはカサカサと乾いた木の葉や風の音が聞こえてくるようです。生き物のいない風景を淡々と描く姿勢には「無常」の厳しさ、淋しさへの共感が伝わってきます。

●開催中〜11月4日(月・振休)
信濃美術館企画展「驚く!たのしむ!魔法の美術館−ようこそ、光のワンダーランドへ−」
光をテーマにした様々な作品が信濃美術館に勢ぞろい!現在、国内外で活躍する日本人アーティストによる作品は、手をかざすと光が波紋を描いたり、カメラの前に立つと顔が仮装したり、めいっぱい体を使って楽しめるものばかり。大人も子どもも、美術館や現代アートは苦手と思っている方も、来て・観て・触れて・楽しめる展覧会です。

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4 電話 026-232-0052/FAX 026-232-0050
e-mail:npsam@coral.ocn.ne.jp / URL http://www.npsam.com


LINEで送る

このブログのトップへ