信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 県産材利用 > 信州の木はすごい!№5 ~2018年4月開学の長野県立大学の“適材適所”を紹介します~

信州の木はすごい!№5 ~2018年4月開学の長野県立大学の“適材適所”を紹介します~

学びの場となる三輪キャンパスの内装にはふんだんに県産材カラマツが利用されています。
教室や研究室をつなぐ通路などの共用空間やエントランスの壁。

171226moku1
 

 

 

 

 

 

 

 

171226moku2
 

 

 

 

 

 

 

また、開放的なメインエントランスには、高熱処理による耐久性を高めた県産材カラマツを天井や窓枠に使用して、木漏れ日空間を演出しています。

171226moku3
 

 

 

 

 

 

 

 

171226moku4
 

 

 

 

 

 

 

さらに、案内板として、県産材ヒノキ集成板に多様な樹種の県産材を組み合わせて利用されていて、さながら信州の豊かな森の中に入るようです。

171226moku5
 

 

 

 

 

 

 

 

171226moku6
 

 

 

 

 

 

 

共同生活の場となる後町キャンパスでは、県産材ヒノキを利用したカーテンウォールやキッチン家具が設置されており、落ち着いた雰囲気となっています。

171226moku7
 

 

 

 

 

 

 

 

171226moku8
 

 

 

 

 

 

この学び舎に集う全ての人の心に、信州の「木、里山、森」の恵みが届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ