信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > その他 > 新しい建物とともに新たな研究をすすめます

新しい建物とともに新たな研究をすすめます

長野県林業総合センターです。

3月下旬からの陽気で、一気に春が進み、標高850mに位置する林業総合センターでは、例年よりも2週間ほど早い4月3日にソメイヨシノが開花しました。
sakura












春の訪れとともに、以前まで設置されていた工事中の看板が取り外され、年度末ぎりぎりに工事はすべて完了しました。

工事中は、職員といえども簡単に立ち入ることが難しかったので、完成を機に職員向けの内覧会が開催されました。
CIMG7682














今回の工事では、太くなってきた県内産の木材を有効に活用するための試験機械を中心に、3棟の建物が新たに設置されました。
この中でも、最も大きな建物が、上の写真の正面に見える建物。
この中に入ると、下の写真のように室内にクレーンが伸びた工場のような景色が広がっていました。
CIMG7689














この部屋では、木材の長期強度性能を調べる試験を行うということです。
住宅などに使われる木材は、年月を経るごとに劣化してしまう可能性があるため、この試験機で構造材の50年後の状態を想定しながら、重石を載せて、温度と湿度が調整できる部屋に入れて試験を行うとのことです。

また、梁桁に使えるような大きな木材を製材加工するための設備や、木材工場などで使われている強度や含水率等を自動で測定できる装置なども導入されました。
CIMG7697














このほか、木材を利用したのちの苗木生産に使える設備や、全国一の生産量を誇るマツタケの増産に向けた設備も導入されるなど、木材利用のための施設整備ほど大々的ではありませんが、新たな研究を進めるために必要な設備が導入されました。

今年度の試験研究では、今回導入された新しい施設を活かしながら、森林・林業・木材産業の活性化につながる研究を進めていく予定です。

〈本件に関するお問い合わせ先〉
林業総合センター管理部
TEL:0263-52-0600
FAX:0263-51-1311
メール:ringyosogo@pref.nagano.lg.jp

LINEで送る

このブログのトップへ