信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

小さな苗木に夢と希望をつめて

森林づくり推進課です。

「この森に 夢と希望が つまってる」

これが、6月3日(土)に長和町姫木平で開催した平成29年度ふるさとの森づくり県民の集い(第68回長野県植樹祭)のテーマです。

当日は、約1,000人の県民の皆様にお集まりいただき、式典や記念植樹を行いました。

1 式典会場
 

 

 

 

 

 

式典では、中部森林管理局の新島局長による開会のことば、長野県の阿部知事による主催者あいさつ、地元長和町の羽田町長による歓迎あいさつを行いました。

また、衆議院議員の井出議員、長野県議会の垣内議長より来賓祝辞をいただきました。

さらに、大会テーマを考案された地元長門小の山浦さんの表彰や、長門小みどりの少年団の白川さんと輪湖さんによる「みどりのふれあい宣言」を行いました。

2 山浦さんの表彰
 

 

 

 

 

 

3 みどりのふれあい宣言
 

 

 

 

 

 

最後に、長野トヨペット株式会社のグリーンキャンペーンで寄贈いただいた福島県産のソメイヨシノを、上田地域振興局管内の市町村と次回の県植樹祭の開催地である売木村へ贈呈しました。

4 ソメイヨシノ贈呈
 

 

 

 

 

 

記念植樹においては、昨年、天皇皇后両陛下の御臨席のもと開催した第67回全国植樹祭の理念である「植えて・育て・利用する 森林林業のサイクルを取り戻そう」を実現するため、戦後造林したカラマツ林の伐採地へ新たな出発として再びカラマツを植栽していただきました。

5 植樹風景
 

 

 

 

 

 

参加者は昼食後、アトラクションとして、上田コカリナアンサンブルによる森のコカリナ演奏や、東御市在住で信州新世代アーティストとして活躍されている竹内遥香さんによるグランドハープの演奏、ロンドン五輪のアーチェリー銅メダリスト早川漣さんへのインタビューやデモンストレーション、みどりの基金主催の森林教室などで楽しんでいただきました。

6 コカリナ演奏
 

 

 

 

 

 

晴天に恵まれ、森づくりを未来につなげる取組を楽しみながら行うことができました。

地元長和町のみなさまをはじめ、準備に携わっていただいた全ての皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

LINEで送る

このブログのトップへ