信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 信州 山の日 > 「信州 山の日」フェスタin小諸・高峰高原を開催しました

「信州 山の日」フェスタin小諸・高峰高原を開催しました

森林政策課の山の日太郎です。

平成26年に7月の第4日曜日を「信州 山の日」として制定して、4年目となる今年は、「信州 山の日」である7月23日(日)に小諸市高峰高原で「信州 山の日」フェスタin小諸・高峰高原を開催しました。

23日は朝からあいにくの雨になってしまいましたが、小諸市千曲小学校のみどりの少年団の皆さんと阿部知事による「信州 山の日」宣言やプロのヨーデル歌手北川桜さんの「高原の癒しコンサート」、ポールdeアクティブウォーキング講習会などを開催しました。

yamanohi01
 

 

 

「信州 山の日」宣言

 

 

yamanohi02
 

 

 

北川桜さんのコンサート

 

また、高峰山を往復する「高峰高原ハイキング」は雨天のため、コース変更となりましたが、NPO法人浅間山麓国際自然学校の講師の皆さんによる高峰高原内の高山植物等の観察等を行いました。

yamanohi03
 

 

 

 

小学生のお子さんも参加してくれました。

 

また、午後は、「信州山岳文化シンポジウム」として、登山家の服部文祥さんの「山が教えてくれた、ごまかしのない生き方」をテーマとした記念講演や「里山と岳、その恵みと多様性を考える」をテーマにしたシンポジウムも開催しました。

yamanohi04
 

 

 

服部文祥さん

 

雨の中の開催に関わらず、「信州 山の日」フェスタin小諸・高峰高原に御参加いただきました方、開催にご協力いただきました小諸市、こもろ観光局、浅間・高峰観光協協議会、信州の山岳文化相政会議の皆様はじめ、ご協力いただきましたすべての方に感謝申し上げます。

今年の「信州 山の日」は終わってしまいましたが、8月14日までは「信州 山の月間」です。まだまだ、県内各地域で山に関するイベントが開催されていますので、皆さんもお近くのイベントに参加し、「信州の山」の魅力を感じていただければ幸いです。

 

LINEで送る

このブログのトップへ