信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

潜入!県庁見学 Vol.1

<潜入!県庁見学>
 県内の小学生たちが、県庁にやってきて、見学したり、いろいろなことを学ぶ「県庁見学」。林務部森林政策課では「信州の豊かな森林づくり」をテーマに実施しています。今日から不定期に、その様子をレポートさせていただきます。

 さて、今日9月26日は松本市の梓川小学校のみなさんが来てくれました。
 今日の先生は森林計画係のYさんです。

 テーブルを囲んで、紙芝居を見ながら、真剣に勉強しています。

 と思ったら、突然みんな立って集まり始めました・・・一体何が起きたの?!

 実はこれ、間伐の仕組みを、体を使って学んでいるんです。

 ぎゅうぎゅうづめだと身動きできず腕も伸ばせません。でも何人かそこから抜け出すと、すき間ができるので、残った人は自由に動けるようになります。

 木も同じ。密集すると1本1本がひょろひょろの気になってしまいます。でも、間伐をすることですき間をつくり、幹も枝ものびのび成長できる、というわけです。

 「間伐」と言葉で言われてもよく分からないかもしれないけど、こうやって体を使ってやると、分かりやすいよなあ。
 勉強になります!

 次に、大きな丸太が登場!!

 年輪を数えて、実際に木材として使うには、どのくらいの大きさ(年齢)まで育てなければいけないかを調べました。

 最後はみんなから質問攻め!!
 
  「きのこは森にはえますか」
  「木は1年にどのくらい生えますか」
  「長野県にたくさんある木は何ですか」

 みんな熱心に聞いていました。

 木を実際に見たり、体を使ったりすることで、森林のことよく分かってくれたのではないかな、と思います。

<本件に関するお問い合わせ先>
林務部森林政策課企画係
TEL:026-235-7261(直通)
FAX:026-234-0330
メール:rinsei@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ