信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

長野県魅力発信ブログ > 信州自慢の水と空 > 水みずミズ > 信州名水秘水 > インターンシップで見た『松本城下町湧水群』

インターンシップで見た『松本城下町湧水群』

はじめまして。長野県短期大学1年のR.Oといいます。平成25年度インターンシップ学生として環境部水大気環境課に派遣された3日間のインターンシップの中で、「信州の名水・秘水」のブログ作成を担当させていただくことになりました。
後世に残したい、素晴らしい「信州の名水・秘水」をご紹介します。

「まつもと城下町湧水群」薬祖神社
松本市日出町にある松本薬業会館の隣にあります。

「くすりの神様」を安置しており、日の出の泉「薬祖水」は古老の伝えによると他の井戸が枯渇しても決して枯れなかったとの言い伝えがあります。
水は口あたりがまろやかな感じでした。


比較的新しい場所です。
(このあたりは私の地元なのですが)地元や多くの人に愛され、憩いの場となっています。
松本駅からバス(タウンスニーカー東コース)で数分ですので、足を運んでみてください。


つたない文でしたが、少しでもその場所の魅力を感じていただけたなら嬉しいです。
今回は湧水を紹介しましたが、取材中、取材までの道でたくさんの自然と出会いました。まだ残暑が残る今日この頃(撮影日:9月11日)ですが、これからの季節、紅葉など季節の変化も楽しめます。
山と緑に囲まれた長野県、その魅力をもっと発見できたらいいですね。


LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE