信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

長野県魅力発信ブログ > 信州自慢の水と空 > その他 > 山の上からの星景写真に挑戦!

山の上からの星景写真に挑戦!

「星空の街・あおぞらの街」全国大会in信州南牧村 開催記念企画記事

住宅の明かりや街灯など人工光による影響で、長野県内でも特に街中では明るい星しか撮影することができません。
人工光の影響の少ない場所で星空を撮影したいと思い、
山の上から星空を撮影してきたので紹介します。

今回登った山は北アルプスの燕岳です。
山頂付近は花崗岩の白とハイマツの緑のコントラストが美しく、まるで絵画でも見ているかのような錯覚を覚えるほど美しい山で、被写体としても魅力的だったので燕岳を選びました。
標高は2763mありますが初心者でも登りやすい山で、2回目の登山になります。
中房温泉登山口から合戦小屋、燕山荘へと向かう合戦尾根ルートで登り、山荘付近2712mで星景写真を撮る計画です。

 DSC_0099
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
県登山安全条例で定められている登山計画書を提出し、撮影機材とテントを担ぎ、朝8時に登り始めます。
登り始めてから2時間半、富士見ベンチに到着。
天気が良ければ富士山が見えるのですが、残念ながら今日は濃霧のため全く見えません。

DSC_0111
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 登山口から3時間半で合戦小屋に到着です。ここまで来れば、あと少しです。

 DSC_0123
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登山口から5時間で山頂に到着。到着が遅かったせいか、テント場にはもうたくさんのテントが張られています。かろうじて一か所だけ場所が空いていたので、我々もテントを設営します。夕方から急激に気温が下がり凍える寒さです。テントの中に籠り夜を待ちます。

01 2036


 

 

 

 

午後8時、撮影開始。月(月齢11日)は出ているものの明るい星はよく見えます。
月明りに照らされた燕岳と北斗七星を撮りました。
 
 
05 2124 2
 

 

 

 
 
 
 
 
天の川を撮ってみたのですが、月明りで空全体が明るくなっているので、
天の川の濃淡が見えづらくなっています。
天の川を横切るように飛行機の光跡が線状に見えます。
 
02 2049
 

 

 

 

 

 

眼下には雲海が広がっています。山の上ならではの景色ですね。地平線には街の明かりの影響でしょうか、明るくなっている箇所があります。

03 403

 

 

 

 

午前4時頃の東の空。月が沈んだことで空全体が一段と暗くなりました。
写真右下の木星から上方へ、うっすら光る三角形が見えるでしょうか?
これは、黄道光(こうどうこう)と呼ばれるものです。黄道光は黄道面に広がる微細なチリが太陽の光に照らされて明るく見えるもので、日本では9月頃に日の出前の東の空で観測することができます。

0422

 

 

 

 

午前4時半。日の出、1時間前の東の空。空が明るくなってきました。星も見えなくなってきたので撮影終了です。

撮影日は平成29年9月2日、3日。星景写真はすべて14mm,ISO1000,F2.8,30秒で撮影しています。

長野県には星がきれいに見えるスポットがたくさんありますので、今後も紹介していきたいと思います。
皆様も星空を楽しみに、長野県へぜひ足をお運びください。

なお、7/1~9/30まで「世界級のリゾートへ、ようこそ。山の信州」をキャッチフレーズに、大型観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」開催中です!

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ