信州自慢の水と空

山と緑に囲まれた長野県には、「清らかな水」、「澄んだ空気」があふれています。 そんな信州自慢の水や空気に関する総合サイトです。

長野県魅力発信ブログ > 信州自慢の水と空 > お空のさんぽ > きれいな星空にはきれいな空気!ー大気保全対策の紹介 第1弾「PM2.5」ー

きれいな星空にはきれいな空気!ー大気保全対策の紹介 第1弾「PM2.5」ー

「星空の街・あおぞらの街」全国大会in信州南牧村 開催記念企画記事

今年の10月、南佐久郡南牧村で「星空の街・あおぞらの街」全国大会が開催されます。
南牧村は「日本三選星名所」の一つにも選ばれ、美しい星空が見える場所として全国的にも知られています。
しかし長野県内、他にもいろいろなスポットで星空を楽しめることはご存知でしょうか。

浅間山から昇る冬の星たち

(撮影者 吉田則康)



 

 

 

 

 

 

こちらは、浅間山周辺から見える星空です。
県内各地で本格的な星空が楽しめる、その理由のひとつは・・・

やっぱり、空気がきれいだから!

実際、長野県はどれくらい空気がきれいで、また、それはどのように守られているのでしょうか。
県で行っている大気環境保全対策をいくつかピックアップして、ご紹介していきたいと思います。
今回は第1弾、「PM2.5」についてです。

まず、PM2.5とは、微小粒子状物質と呼ばれる、直径2.5μm(1μm=1mmの1000分の1)以下の粒子のことをいいます。

粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥まで入りやすく、喘息や気管支炎などの呼吸器疾患のリスクの上昇などが懸念されています。

工場や自動車などが発生源であり、そこから直接排出されるものだけでなく、発生源から排出されたガス状の物質が、大気中で化学反応することによって生じた粒子も多く含まれますが、まだ全容が解明されておらず、未知の部分も多く存在します。

平成21年9月に、新たな大気汚染物質として環境基準が定められ、
(1年平均値が15μg/㎥以下であり、かつ、1日平均値が35μg/㎥以下であること。)
測定を開始した平成22年度から28年度まで、長野県は7年連続でこの基準を達成しています。

7年連続での達成は全国でここ長野県のみ!!

空気のきれいさがトップクラスであることを表す一つの指標であると思います。

長野県では、以下の2つの方法で、大気中のPM2.5に対してアプローチしています。

①大気常時監視

大気中のPM2.5の濃度は、県内の市街地7カ所、道路周辺6カ所において、24時間体制で測定し、リアルタイムで速報値をホームページに公開しています。

『長野県 大気環境状況』のページはこちら 

濃度が上昇し、健康被害などが発生する恐れがある場合、県から注意喚起を行います。
(現在まで、県内で注意喚起がされたことはありません。)

②成分分析

長野市安茂里にある環境保全研究所では、年に4回、大気中のPM2.5に含まれている成分の分析を行っています。
含まれる成分を分析することで、PM2.5の組成や発生源などに関する情報が得られます。

今年度1回目は5月10日から24日にかけて、2回目は7月20日から8月3日にかけて行われました。
場所はこちら、環境保全研究所局屋上になります。

DSC01820縮小

 

 

 

 

 

職員が採取を行う様子です。
シェルターの中にある、ろ紙ホルダーで捕集したPM2.5について成分を分析します。

IMG_1563縮小

 

 

 

 

 

ここで得られた分析結果は、PM2.5の未知の部分の解明や対策などに役立てられます。
また、近隣の自治体とも連携して広域的な調査も行っており、より効果的な対策づくりを目指しています。

以上が、PM2.5に対する県の取り組みとなります。

いつまでも星がきれいに見える、空気のきれいな長野県であり続けられるよう、大気保全活動に
取り組んでいきたいと思います。

きれいな星空や、大気保全対策などについて、引き続き掲載していきたいと思いますので、
またお読みいただければ幸いです。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ