長野県と民間のコラボ企画

長野県は、イオン株式会社、コンビニエンスストアチェーン4社、高速道路会社2社と包括連携協定を締結しています。また、信州ブランドの統一ロゴマークを定め、企業や団体の皆様といっしょに「信州」の発信に取り組んでいます。

豆畑の…肉食系!?





昨年10・11月にローソンで販売されていた「駒ヶ根名物 明治亭監修 ソースかつ丼」、召しあがった方も多いのではないでしょうか。それに引き続き、ローソンから注目の新商品が発売されました!

今回の商品は…




そう、おなじみ三角形のおにぎりです。

…でもただのおにぎりじゃありません。フジテレビ主催のイベント『ビンコレ(瓶詰めNo.1決定戦)』で激戦を制し、関東代表となった瓶詰め『豆畑の肉食系』をベースにしているんです。この瓶詰めは、『ソースかつ丼』の老舗・明治亭が作り上げた自信作! お肉は一切使用せず、大豆を中心に「ボリューム」と「ヘルシー」という2大ポイントを押さえています。
ちなみに『ソースかつ丼』とは、長野県の南部(南信地域)で人気の有名ご当地グルメ。一般的な卵でとじられた「かつ丼」と異なり、「かつ」に各店特製の甘辛いソースがかかっているんです。





さて、おにぎりでは、中の具に大きなこだわりがあります。
具のメインの大豆は“そぼろ状”になっており、お肉と間違える程そっくりの食感です。ほどよく甘じょっぱいので、ご飯がどんどん進んでしまいます。実はコレ、隠し味に明治亭のソースを使っているんです。一度味わったらヤミツキになる、“あのソース”がふんだんに使用されています。さらに生姜も入っており、絶妙なアクセントになっています。ご飯と合わさることで、まろやかでありながら、後味さっぱり! 2個3個と手が伸びてしまうこと請け合いです。






販売は、3月27日(火)から4月9日(月)を予定しています。関東甲信越のローソンで販売します。長野県内ではおよそ140店舗で販売されています。

(株)ローソン http://www.lawson.co.jp/index.html
明治亭 http://www.meijitei.com/
ソースかつ丼の記事はこちら http://blog.nagano-ken.jp/minkanrenkei/action/9.html

ビンコレ2011 http://eshop.fujitv.co.jp/event/mezamarche/bincolle/input.php?cid=32

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE