来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

上高地~開山祭~

4月27日(木)に上高地開山祭が開催されました。

メイン

天気予報では、曇りのち雨ですっきりしない天気でしたが、奥穂高岳、焼岳、明神岳がくっきり見えました。梓川の清流も非常にきれいです。山々は、まだ新緑には早く、芽吹いていない状況です。

二番

上高地バスターミナルから大勢の人で、外国の方も多く、来られていました。

受付会場は河童橋前入口の五千尺ホテル前のでした。開山祭は参加費を負担すれば一般の方も参加できます。そのせいか、山の格好をした人が会場前に集まりっています。

⑨

開山祭開会の時間がちかくなるにつれ、広いと思われた場所も人々であふれ、河童橋上にも人が沢山で橋の上ですれ違うのも一苦労です。

⑩

 

開山祭は、最初はアルプホルンで幕開けです。引き続き神事がおこなわれ、神主が祝詞をあげ、来賓が榊を奉納します。主催者あいさつの後、来賓からの祝辞がありました。

神事は1時間くらいで終了し、その後、参加者等に軽食やお酒がふるまわれました。

はじり ③

心配した天気も最後までなんとかもち、雨には降られませんでした。

 

折角上高地に行ったので、開山祭終了後、明神池まで足を延ばしました。

梓川のきれいな流れに沿って歩道が続いており、案内看板もしっかりしていました。

⑥

途中、明神岳が徐々に迫り迫力がありました。

④

湿地帯では木製の歩道が整備され、梓川の中では木が立ち枯れている箇所もありました。

⑤

これから、木々が緑色へ変わってきます。

にに さまざま

1 2

このブログのトップへ