来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 松本市里山辺の「大久保醸造店」で世界初の試みが始まります。

松本市里山辺の「大久保醸造店」で世界初の試みが始まります。

大久保醸造店は、品質の高い醤油・味噌の製造で知る人ぞ知る有名店です。

大豆、塩などの素材は国産にこだわり、その製品はフランスへも販売されているそうです。

その大久保醸造店が、新しい県産材(根羽スギ)の「醤油諸味木槽」に挑戦しました。(信州の木先進的利用加速化事業を活用)

通常の木槽は縦型ですが、これは横型の木槽で、誰もが思いつかなかったアイデアを数年間練り続け、ついに実現されました。この横型木槽は、初めての試みだそうです。

その大久保醸造店の思いに答えたのが、日本木槽木管株式会社です。両者がそれぞれのアイデアや技術を持ち寄り、ついに木槽が完成しました。

平成28年3月15日、2基の木槽が愛知県の工場から到着し、慎重に設置されました。

今後は、木槽の調整や漆塗装を経て、醸造が始まります。

完成した新しい醤油は、一体どれほど美味しいのでしょう。とても興味が湧きます。

大きさは直径3m、長さ2.6m、約12tの材料が入ります。

大きさは直径3m、長さ2.6m、約12tの材料が入ります。



IMG_2879 IMG_2890 IMG_2954

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ