来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 平成30年シーズンの「スギ・ヒノキ花粉の飛散数調査」が終了いたしました。

平成30年シーズンの「スギ・ヒノキ花粉の飛散数調査」が終了いたしました。

松本保健福祉事務所検査課では、毎年2月1日から5月31日までスギとヒノキの花粉飛散数調査
をしています。

調査の間は毎日花粉を捕集して、顕微鏡で観察して数を数えます。
その結果は、毎週月曜日にホームページに掲載して、県民の皆様に情報を提供しました。

2月から行ってきましたが、5月31日分の観測を最後に調査終了となりました。
今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散総数とスギ花粉の飛散総数は、平成8年の調査開始以降2番目に多
くなりました。

飛散総数 調査開始以降の飛散総数順位
スギ・ヒノキ花粉合計 3,513.7個/cm2 2番目に多い
スギ花粉 3,145.0個/cm2 2番目に多い
ヒノキ花粉 368.7個/cm2 7番目に多い
花粉症の方やそうでない方にも、花粉症治療や予防について少しでもお役に立てればと思い、
今年も一生懸命調査を行いました。

 

花粉ブログ⑴ (1)
↑これが花粉を捕集する「ダーラム型花粉捕集器」です。
ここにスライドガラスを設置して、飛んでくる花粉を捕集します。

スライドガラスに付いた花粉を染色して、顕微鏡で観察します。
スギ・ヒノキ花粉です。紫色に染まっています。

花粉ブログ⑵
↑スギ花粉:パピラ(指状突起)が特徴です。

花粉ブログ⑶
↑ヒノキ花粉:星型の原形質が中心にあります

 

 

 

おまけ その他の花粉として観察された「マツ花粉」↓です。

花粉ブログ⑷
5月ごろ「黄色い粉が車につく」などという時はマツ花粉の可能性があります。

 

以上、平成30年度の花粉調査のまとめをお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ