来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 食と農産物・名産品 > 松本のワイナリーその2 「井筒ワイナリー」

松本のワイナリーその2 「井筒ワイナリー」

 松本ワイナリー紹介のその2です。
 今回は、塩尻市桔梗ケ原の「井筒ワイン」さんです。



 井筒ワイン1984年創業のワイン醸造メーカーさんです。face01  塩尻市桔梗ケ原でぶどうの栽培・収穫⇒醸造⇒瓶詰めまで一貫して行うワイナリーで、自社のぶどう園も10ha(東京ドーム2個ちょい分!)あることから、ワイナリーも一面のぶどう畑に囲まれています。

 井筒ワインには2つの特色があります。

 ひとつは、地場で盛んに生産されている特産品のコンコードやナイアガラなどの「生食用ぶどう」を使ったワインです。
 果実味を活かした自然で親しみ易い飲み口と新酒、酸化防止剤無添加などのスタイルが特徴で、桔梗ヶ原のワインとして国内ワイン市場だけにとどまらず、他に類を見ない独自の商品価値、分野を確立しています。

 もうひとつは、本来ワイン作りに用いられたメルローなど「欧州系醸造専用品種」を使ったワインです。
 井筒ワインさんでは、早くからこの欧州系醸造専用品種の導入に力を注がれたそうで、桔梗ヶ原産メルロ種ぶどうは国際品評会で賞を受けるなど、世界的にも認められる品質となっています。

 ワイン以外でも、コンコードやナイヤガラぶどうの果汁100%ストレートジュースなどワイン同様に多くの方の支持が得られています。

 ちなみにワタクシ、1番すきなぶどうが何を隠そうナイアガラ
 このナイアガラジュースが大好きです!!
 美味しいですよ~。
 濃厚で芳醇で。
 その"濃ゆい"味わいはジュースというよりスイーツ。
 アルコールはダメですが、ジュースは熱く語りますよ!

 
 井筒ワインのホームページはこちらをどうぞ

 http://www.izutsuwine.co.jp/
                          くろ



LINEで送る

このブログのトップへ