来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 食と農産物・名産品 > 松本地域の特産品で年越しそばをつくりました!~材料調達編 その2~

松本地域の特産品で年越しそばをつくりました!~材料調達編 その2~

お久しぶりです。松本地方事務所職員のK.Iです。
前回の更新からかなり間が空いてしまい、申し訳ございませんでした。

今回は材料調達編その2であります。

☆ 松本平の肥沃な土が育む山形村の特産品【長芋】

前回から引続き、年越しそばの材料を求めてJA松本ハイランド農業協同組合「ファーマーズガーデンやまがた」(東筑摩郡山形村)へお邪魔しました。

IMG_0568
(写真1 ファーマーズガーデンやまがた外観)

 

皆さんもご存知のとおり、山形村は長野県でも有数の長芋の名産地です。

その理由についてある農家さんにお話しをお伺いしたところ、

山形村を含む松本平は、美ヶ原や焼岳などの北アルプスといった山々に囲まれており、かつてその山々から多くの火山灰が松本平へ降り積もりました。それが今は肥沃な火山灰土となり、とろみが強く味に深みとコクのある長芋を育んでいるとのこと。また火山灰土は柔らかく石が少ないという特徴を持っており、長芋がまっすぐ下へ育ちやすいそうです。

 

そんな素晴らしい山形の長芋を求め、さっそく農産物直売所へ直行します!

IMG_0566
(写真2 農産物直売所の様子)

 

入口すぐ近く左、見つけました!!

IMG_0567
(写真3 12月下旬、長芋販売コーナー)

 

1箱購入したところ、5~7本も長芋が入っていました。お買い得ですね♪

長芋は長期間保存できる野菜なので、年越しそばの他にも長く楽しめるのがうれしいところです。

 

他にも、レジの近くの特設コーナーに様々な形の長芋がありました!

どうやら面白い形の長芋グランプリを開催していたようです。

以前走る大根というものがちょっと流行しましたし、今後は○○な長芋が流行る日が来るかもしれませんね。

IMG_0564
(写真4 特設コーナーの様々な形の長芋)

 

ところで、私の書くブログ記事の内容は12月下旬の出来事です。

お忙しい中ご覧頂いている皆様に最新の情報が届けられないのは少々心苦しいので、ファーマーズガーデンやまがたさんから伺った耳より情報をお届けします。

平成29年2月3日11時から、ファーマーズガーデンやまがたにて「節分の豆まきイベント」が開催されます。当日は松本ハイランドの相撲部の方々がお見えになったり、景品が入手できるチャンスもあるとのこと。

参加には一定の条件があるそうですので、詳しくはファーマーズガーデンやまがた(0263-98-5231)へお問い合わせください。

 

「山の芋鰻になる」というたとえがあります。これは「ありえないことが起こること」が転じて「普通の者が急に出世すること」を意味するたとえです。

「山形村の長芋を食べて力をつけ、鰻を超えて龍になるぞ!」

そんな願をかけ、年越しそばの材料としたのは、ここだけの話にしてくださいね・・・

 

補足

山形村では極細切りの長芋とそばを組み合わせた「やまっちそば」というおそばがあります。

当初はこのやまっちそばを年越しそばとして作ろうとしておりましたが、私の技術不足で断念しました

やまっちそばは、私が初めて山形村へ出張したとき先輩に教えてもらった思い出深いおそばです。山形村の唐沢そば集落などで提供されておりますので、興味をお持ちになった方はぜひ味わっていただければと思います、とろろそばとは違う風味・味わいに感動しますよ!!

詳細は山形村観光協会又は山形村をご参考ください。

 

(とうじそばの話題はどこへ・・・?)その3へ続きます。

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE