来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 平成30年産信州の環境にやさしい農産物が認証されました

平成30年産信州の環境にやさしい農産物が認証されました

平成30年産の信州の環境にやさしい農産物が認証されました。シンボルマーク
 

制度の詳細や認証を受けた農産物の一覧は以下のページに掲載されています。

http://www.pref.nagano.lg.jp/nogi/sangyo/nogyo/sedo.html

 

松本地域振興局管内では、47件の農産物が認証されました。

平成29年産から継続して認証された農産物が 42件、平成30年産からの新規認証となる農産物が5件あります。

 

認証された農産物はそれぞれ、

米       27件

りんご     10件

ブルーベリー 2件

ぶどう    1件

そば     1件

大豆     1件

レタス    2件

キャベツ   1件

きゅうり   1件

すいか    1件

です。

 

この制度では、書類審査だけではなく、作物の収穫時期の前に現地での審査も行います。現地審査では、専門の審査員が、肥料・農薬の使用状況やほ場の状態などを確認します。47件全ての農産物に対して調査が行われ、4月から早速始まる予定です。

 

右上の画像は、この制度のシンボルマークです。

認証を受けた農産物やその生産者さんのみにこのマークの使用が許可されます。

皆さんは、直売所などでこのシンボルマークを目にしたことはあるでしょうか?

平成29年産の認証を受けた農産物は、販売を終えたものも多いですが、お米は、直売所などでマークのついたものが販売されています。

そして、平成30年産の農産物の栽培、収穫もこれから始まってきます。

ぜひこのマークをおぼえていただき、見かけましたらぜひ購入して食べてみてください!

LINEで送る

このブログのトップへ