来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林業総合センター > 初めての山仕事 してみませんか ~林業作業体験講座~

初めての山仕事 してみませんか ~林業作業体験講座~

塩尻市にある長野県林業総合センターの森林学習展示館です。

 

林業総合センター森林学習展示館では、一年をかけて林業のイロハを勉強する「林業作業体験講座」を開催しています。

この講座では、「植えて、育てて、伐って、使う」という林業の一連の流れをかいつまんで実践しながら学ぶ講座です。

平成28年度の講座でも、苗木の「植栽」から

plant
 

植えた木がまわりの草に負けないように育てる「下草刈り」や、

kari
 

節を小さくして、木材としての価値を高めるための「枝打ち」

branch
といった、作業をそれぞれの季節に合わせて実践しました。

さらには、下のように伐採する木を選ぶための調査を行った上で、

res2
実際に木を伐る作業も行い、

cut
最後には木材として使えるように木材を運び出すところまでを実践します。

use
 

こうした一連の作業を実施することで、山仕事の入り口に触れることができ、受講生の中には、講座の受講を機に今の仕事を辞めて、本格的に林業の道に進む意志を固めた方もいらっしゃいました。

 

class
プロをめざす人が来ると聞くと、ハードルが高いように思われるかもしれませんが、参加者のほとんどは、チェーンソーを触ったこともない方ばかりです。

講座では、上の写真のように、毎回作業前に今回の作業に関する基本的なレクチャーを行い、その後野外での作業になります。

毎月1回、日曜日に当センターまで来て作業を行うことや、時には平日にも講習を受けなければいけない日もあるためなかなか大変ですが、28年度の受講生は、塩尻近郊の方だけでなく、長野市や飯田市など県内各地から日程をやりくりして来ていただきました。

 

講座参加者は、毎月同じ仲間と一緒に汗をかきながら作業を行うということで、参加者同士の交流の輪も広がり、講座終了後にも「また集まりたい」という話が出ていました。

 

この林業作業体験講座の平成29年度の日程が決まり受講生の募集を開始しました。

受講を希望される方は、申込書に必要事項を記入の上、3月17日午後5時までに郵送、ファクシミリ送信または、電子メール()で「長野県林業総合センター 森林学習展示館」までお申込みください。

なお定員は15名で、応募者多数の場合は、抽選により受講者を決定することがありますので、あらかじめご了解ください。

 

〈本件に関するお問い合わせ先〉

長野県林業総合センター 森林学習展示館

電話 0263-88-2035

(月曜日は休館日です。月曜日が祝日等の場合は、火曜日が休館日になります。)

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE