来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林務課 > 「第1回山の日記念全国大会」記念碑除幕式

「第1回山の日記念全国大会」記念碑除幕式

林務課Kです。
昨年、全国山の日が制定され、記念すべき第1回記念全国大会が、昨年8月11日に松本市内の上高地などで開催されました。
この大会を記念して、この7月30日(日)に上高地の河童橋近くに記念碑が設置され、その除幕式に松本地域振興局から4人で参加してきました。

当日は、空模様が心配されましたが、幸いにも雨にはならず曇り空のままでした。
穂高岳は見えませんでしたが、上高地の雄大な景色、カラマツやケショウヤナギなどの緑濃い木々、梓川の清らかな流れ、そして下界の暑さとは別世界の涼しさを満喫することができました。

記念碑は、大会開催から1年を迎えるにあたり、山の日制定趣旨を広く浸透すること、そして第1回大会の開催地であることを後世へ伝えて行くため、地元の上高地町会により建立され、「山と共に」の文字とともに大会ロゴマークと解説文が彫られています。

記念碑は、バスターミナルから歩道を歩いて河童橋のすぐ手前右側にあります。
ぜひ上高地を訪れてみてください。そして上高地の素晴らしさを存分に楽しみながら、記念碑も探してみてください。

CIMG1863   CIMG1878  CIMG1880
 

LINEで送る

このブログのトップへ