来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林務課 > イオンモール松本の「イオンふるさとの森づくり植樹祭」

イオンモール松本の「イオンふるさとの森づくり植樹祭」

林務課のKです。

今秋の開店に向け準備が進められている「イオンモール松本」の植樹祭の案内をいただき、7月2日(日)に参加してきました。

前日、松本地域は強い雨で主催者の皆さんは準備がとっても大変だったと思いますが、当日は天気が回復し絶好の植樹日和になり、地元の親子や関係者の方など約1000人もの大勢の方が集まりました。

植樹場所はイオンモール敷地内の緑地帯で、もともと松本地域に分布しているケヤキ、リョウブ、カエデ、ダンコウバイ、ヤマブキなど、高木から低木の広葉樹18種類のポット苗7000本が用意されました。いろんな木を植えることで、多様な樹木からなる豊かな林を早期に育てる方法です。

植樹した苗木:18種類

植樹した苗木:18種類



植樹では、60cm程の間隔でいろいろな樹種をとり混ぜて植え、植えた後には乾燥や寒さよけのためにワラを一面に敷き詰め縄を張りましたが、小さなお子さんも一生懸命作業をしていました。

ワラを敷き詰めて 作業終了
前日の雨で十分に水を含んだ土に植栽しましたので、順調に育つことは間違いないと思います。そして数年後には買い物に来た人や地元の方にやすらぎを与える立派な林になることが期待されます。

植樹作業中

植樹作業中



 

LINEで送る

このブログのトップへ