来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > お店紹介シリーズ > 松本で、世界に触れる イベントスペース『恋する虜』

松本で、世界に触れる イベントスペース『恋する虜』

松本市城東1丁目にひっそりと佇む一軒の古民家。

築100年。
その昔古道具店だったこの場所は、昨年10月、イベントスペース『恋する虜』として生まれ変わりました。

店を営むのは、写真家の村田信一さん。

村田さんは以前、イラク、ボスニア、チェチェン、ソマリア、スーダン、モザンビークなど、
中東やアフリカの紛争地を中心にフォトジャーナリストとして20年以上活動していました。

自分の活動について一人でも多くの人に知ってもらいたい、松本に情報発信の場を設けたい、
そんな思いから、この『恋する虜』は誕生しました。

今回は村田さんに、この場所を通じて伝えたいことを中心にお話を伺いました。

 

IMG_7770.cleaned

(『恋する虜』店主の村田信一さん)

IMG_7772.cleaned

(雰囲気のある入り口です)

――村田さんは松本市出身ということですが、以前はフォトジャーナリストとして各地を回られていたそうですね。なぜ松本に戻り、このような活動を始めたのでしょうか。

フォトジャーナリストを始めた当初は、松本に戻る気はありませんでした。
しかし、各地を回る一方で、歯がゆい思いもしていました。
フリーのジャーナリストは大手メディアに自分の記事を買ってもらうことが多いのですが、
大手メディアで報じるには、記事の内容は簡潔でわかりやすく、万人に受け入れられるものでないといけません。

僕は、実際に現地に行ってきた人が、そこで見たこと、感じたことを素直に報じるべきだと思っているのですが、大手メディアではそれが難しいのです。
結局、自分の伝えたいことをそのまま伝えることはできませんでした。

そうしているうちに、「ジャーナリスト」という肩書きの中で活動する熱意がなくなってしまいました。
そこで、自分の好きなことができて、伝えたいことを伝えられる場所を作りたいと考えるようになり、
生まれ育った松本でこの店を開くことを決意しました。

1 2 3 4

このブログのトップへ