楽園信州

信州の旬情報をお届け!

長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■アレ☆これ☆信州 > Vol135■とく☆とく信州 米子大瀑布

Vol135■とく☆とく信州 米子大瀑布

日本の滝百選~米子大瀑布(須坂市)~
「日本の滝百選」に選定された長野県内の3つの滝の中から、今回は県の北部、須坂市にある「米子大瀑布(よなこだいばくふ)」を御紹介します。

新緑の頃の米子大瀑布



須坂の市街地から南東に車で約40分、林道米子不動線を進んだ一番奥に「米子大瀑布駐車場」があります。そこから遊歩道をしばらく行くと、日本百名山の一つ「四阿山(あずまやさん)」の北麓の断崖にかかる2つの滝が見えてきます。

人の大きさと比べると滝の高さがわかります
向かって左にある「権現滝」は落差75m、右にある「不動滝」は落差85mもあり、この2つの滝を総称して「米子大瀑布」と呼んでいるんですよ。

静寂な谷あいに2つの滝が轟音をたてて流れ落ちる様には、神聖な感覚を覚えます。滝のすぐそばにある「米子不動尊 奥の院」が、「米子のお不動さん」として人々の信仰を集め、今も修験者の道場となっているのも、この場所が神聖な自然のパワーを感じるような場所だからかもしれませんね。


例年10月上旬頃、紅葉シーズンを迎えると、米子大瀑布は一年で一番賑わいます。
写真を趣味にしている方も数多く訪れますが、北向きの断崖のため、なかなか“いい写真”を撮るのは難しいようですよ。
そうそう、紅葉シーズンの土・日・祝日はマイカー規制が行われますので、日帰り温泉施設「湯っ蔵んど」からの有料シャトルバスをご利用くださいね。

紅葉の頃の米子大瀑布
冬期間は、雪が多く駐車場への道路も凍結するため、閉山されて滝を見に行くことはできませんが、例年4月下旬になると開山となり、多くの人が訪れるようになります。
今年は先月28日に開山しましたが、例年より残雪が多く危険なため、滝へと向かう遊歩道は現在通行止めとなっています。滝の近くへは行けませんが、「あずまや」・「米子鉱山跡地」へと向かう遊歩道は通行できますので、こちらから滝を眺めたり写真を撮ったりすることができますよ。


滝へと向かう遊歩道の通行止めは、近日中に一部解除される見込みですが、滝の直下までは当面解除されないとのことですので、米子大瀑布へお出かけの際には、須坂市役所のホームページなどでぜひ通行状況の確認をお願いします。
また、「遊歩道」といっても山道ですから、装備をしっかりして足元に十分注意して歩くようにしてくださいね。

米子大瀑布について詳しくはこちら
 須坂市役所(パソコン用)
 須坂市観光協会(パソコン用)

須坂市の観光についてはこちら
 須坂市役所(パソコン用携帯用
 須坂市観光協会(パソコン用)

【お問合せ先】
須坂市商業観光課
TEL:026-248-9005
E-mail:syogyokanko@city.suzaka.nagano.jp



LINEで送る

このブログのトップへ