楽園信州

信州の旬情報をお届け!

長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■旬です!信州 > <最終号>旬です!信州

<最終号>旬です!信州

<こちらも10日遅れで咲きました!>
長野県の最南端、下伊那郡天龍村のカンザクラが数輪花を開き、17日に開花が宣言されました。開花が宣言されたのは、JR飯田線の伊那小沢駅(いなこざわえき)にあるカンザクラです。前週末からの暖かい陽気で、ようやく花が開きました。今年は雪が多く寒い日が続いたため、平年より10日遅く去年より3日遅い開花です。村が開花情報の公開をはじめた2006年以降では最も遅い開花宣言となりました。
カンザクラは天竜川を見下ろす南向きの斜面に10本ほどあり、村によると見頃は3月下旬から4月上旬になりそうです。
(3月17日放送)

<10日遅れの春到来>
福寿草まつりが行われている松本市四賀(しが)の群生地では、鮮やかな黄色の花が見頃を迎えています。1.5ヘクタールに広がる50万株が21日現在で七分咲きとなっています。今年は、先月の大雪で80センチ積もった雪がなかなか解けず、例年より開花が10日ほど遅れました。今月半ばすぎにようやく雪が解けて見頃を迎えました。松本市四賀の福寿草は4月上旬まで見頃が続きそうです。
(3月21日放送)


LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE