よむナガノ 県立長野図書館ブログ

長野県にまつわる事柄について、図書館の本を使って、読んで楽しい情報をお届けします。 また、レファレンス(調査相談)や相互貸借、インターネットサービスなどの便利なサービスや、普段見ることのできない図書館員の業務についても紹介します。 ぜひ県立長野図書館をご利用ください。

長野県魅力発信ブログ > よむナガノ 県立長野図書館ブログ > 図書館のお仕事 > 小学1年生が秋の遠足で来館してくれました!

小学1年生が秋の遠足で来館してくれました!

11月12日(水)、長野市内にある小学校の1年生約100名が、秋の遠足で県営若里公園と当館を訪れてくれました
3クラスの子どもたちが1クラスずつ図書館の見学をしたいということでしたので、書庫と児童図書室をご案内しましたよ
 

県立図書館は古くなった本でも捨てないことをお話しし、「みんなのお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんが小さかった頃に読んだ絵本もあるかもしれないよ」と伝えると、へぇ~と驚いた様子。

CIMG1899CIMG1898

←書庫の古いなぞなぞの本に興味津々な男の子たち。いつの時代でも子どもが好きなものって普遍なんですね
 

本よりも、暗くて広い書庫がとても楽しかった子どもたちも。お友達同士で通路の間を迷路のように動き回っていました。→

 

 

 

CIMG1910 ←地下書庫には新聞がたくさん保存してあります。普通は閲覧できない、紙が劣化して退色している戦前の新聞を見て、「ボロボロだー」だって(苦笑)

地下書庫ではほかにも電動書庫の体験をしてもらいました。体験といっても、スイッチのON/OFFだけなのですがこれがまた大人気で、「やりたい人ー?」って聞いたら「はいはいはいはい…」とたくさんの手が挙がりました。

 

CIMG1901

その後、児童図書室へ。→

気がついたこと、驚いたことをその都度メモする立派な姿があちらこちらで見られました
 

 

 

 

 

CIMG1914←児童図書室においてある細長~い絵本(縦116cm×横21cm)を一緒に開く男の子たち。

 

 

 

 

CIMG1905みんな思い思いに好きな本を選んで読んでいました

1クラスあたり20分ちょっとという短い時間だったので、先生から見学終了の声がかかったときに「え~これまだ読みたいのにー。」という声もありましたでも、それだけ楽しんでくれたということかな。

 

図書館にくるのが今日初めてという子もいたけれど、この見学で「図書館って面白そう!」って少しでも感じてくれたらいいな。

また、お休みの日にお父さんやお母さんと一緒に遊びに来てね

LINEで送る

このブログのトップへ