よむナガノ 県立長野図書館ブログ

長野県にまつわる事柄について、図書館の本を使って、読んで楽しい情報をお届けします。 また、レファレンス(調査相談)や相互貸借、インターネットサービスなどの便利なサービスや、普段見ることのできない図書館員の業務についても紹介します。 ぜひ県立長野図書館をご利用ください。

長野県魅力発信ブログ > よむナガノ 県立長野図書館ブログ > 企画展・イベント > 3月の行事を楽しむ☆~おひなさま飾ってます。~

3月の行事を楽しむ☆~おひなさま飾ってます。~

こんにちは
3月3日の雛祭りに合わせて、
当館は、2階一般図書室・ナレッジラボに、

おひなさまを飾っています

図書室に入ると、2つの7段雛が、ご来館いただいた皆様をお迎えしています。
なんとこのお雛さま、1つは関東風、もう1つは京風のため、2つを見比べるという楽しみ方ができます
 

CIMG5817CIMG5818

 

 

 

 

 

 

 

 

雛祭りは、桃の節句、三月節句、雛節句、上巳の節句など、いろいろな呼び方がされます。
元々は古代中国で行われていた、水辺で身の穢れをはらう「上巳説」という風習が原型になっているようです。
はじめは3月の最初の巳(み)の日に行われました。
そして、中国で尊ばれる奇数の3が重なる、3月3日を指すようになりました。
中国での行事が日本にも伝わったため、日本でも水辺でみそぎなどの身を清める行事として行われ、
昔の風習では節句の行事として草わらなどでつくった人形に穢れを移し、身代わりとして水辺に流しました。

室町時代になると3月3日に人形を贈る風習ができ、
江戸時代になり雛遊び(平安時代に貴族が男女一対の紙人形で遊んだ「ひひな遊び」が起原)と結びつき、
雛人形や雛遊びとなったようです。
雛祭りとして定着したのは寛政頃のようですが、どんどん華やかになったひな飾りは、
明治以降全国に広まり、女の子の誕生を祝うお祭りとして現在でも親しまれています。

 

飾った雛段の隣には、当館所蔵の関連資料も並べています
ページをめくると、行事の由来や地域ごとの違いなど、いろいろと興味深いことを知ることができました
元々中国から伝わった行事が、
日本の様々な風習や儀礼と共に独自に発展したため諸説あることなども、面白いなぁと感じました。

また、雛人形にも意味や役目があります。
たとえば、写真に写っている雛段の、5段目に飾られた3体の人形はどんな役目の人たちか、
みなさんはご存知ですか

図書館にお越しの際はぜひ、迫力ある7段雛を実際にご覧になってみて下さい。
ゆっくりご覧いただけるよう、イスもご用意してお待ちしております
華やかな3月の行事をぜひお楽しみください
 

 

下記の本を参考に調べました

  書 名 /著者名 /出版者 /出版年 /請求記号

『年中行事大辞典』/ 加藤友康編/吉川弘文館/ 2009/[386.1/カト]

『日本の祭り文化事典』/星野絋監修/東京書籍/2006/[386.1/ニホ]

『祭・芸能・行事大辞典 下』/小島美子監修 /朝倉書店/2009/[386.1/マツ/2]

『知っておきたい日本の年中行事事典』/福田アジオ著/吉川弘文館/2012/[386.1/フア]

『江戸時代子ども遊び大事典』/ 中城正堯編著東京堂出版/ 2014/[384.5/ナマ]

 

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE