よむナガノ 県立長野図書館ブログ

長野県にまつわる事柄について、図書館の本を使って、読んで楽しい情報をお届けします。 また、レファレンス(調査相談)や相互貸借、インターネットサービスなどの便利なサービスや、普段見ることのできない図書館員の業務についても紹介します。 ぜひ県立長野図書館をご利用ください。

美味しい紅茶の淹れ方

紅茶

 

木々の葉もすっかり落ち、ピリッとした乾いた空気が初冬を感じさせます。こんなときはからだと気持ちをホッとさせてくれる温かい飲み物が恋しくなりますね
先日、知り合いから紅茶の葉をいただきました。せっかくのプレゼントを美味しく飲みたいので、紅茶のこと、美味しい淹れ方について調べてみようと思います。

▼紅茶も緑茶もウーロン茶も同じ木から?

世界的に生産量の多い茶葉は、順番に紅茶、緑茶、ウーロン茶となっています。こうした区分は茶の葉の外観や形状で行うのではなく、「製造方法の違い」によって行います。つまり、摘み取ったチャの木の生葉を原料とすることは共通ですが、醗酵させるかどうか、どの程度醗酵させるのかによって味や香りが違ってくるのです。

チャは椿の仲間で、学名を「カメリア・スネンシス」といい、とても寿命の長い永年性の常緑樹です。チャの木の葉を摘んで、揉んだり醗酵させたりすることによって茶葉ができあがります。紅茶とは、生葉を充分に醗酵させ完全に酸化させた、いわば「強醗酵茶」です。対して緑茶は、茶葉を過熱して酸化を止めたお茶「不醗酵茶」で、ウーロン茶は少し酸化させ、それを途中で止めた「半醗酵茶」になります。

▼紅茶の等級

紅茶の等級とは、品質の善し悪しではなく茶葉の大きさと外観を現したものです。
等級の区分は茶葉が大きい順に下記のように分けられます。
  • OP(オレンジ・ペコー)
  • P(ペコー)
  • BP(ブロークン・ペコー)
  • BOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)
  • BOPF(BOPファニングス)
  • F(ファニングス)
  • D(ダスト)
さらに、等級とは別に、茶葉の製法をあらわす「CTC(CRUSH、TEAR、CURLの頭文字をとったもの)」と表記されたものがあります。

▼ゴールデンルール

イギリスでは、紅茶の色・香り・味を存分に楽しむための淹れ方のコツ、「ゴールデンルール」が古くから伝えられてきました。このルールに従って丁寧に淹れた一杯は格別の味わいなのだそうです。

1.良質の茶葉を使う。
古くなった茶葉は味や香りが落ちるので、なるべく新鮮なもので淹れます。

2.ティーポット、カップを温める。
ポットとカップに熱湯を注ぎ、温めます。

3.茶葉の分量を正しくはかる。
ティースプーンで茶葉の量を正確にはかりましょう。量は等級によって異なります。

4.汲みたての水道水を沸かして使う。
日本の水道水はじつは紅茶に最適です。ミネラルの少ない軟水は、紅茶の味や香りがバランス良く溶け出します。

5.時間を計りながらポットで蒸らしましょう。
等級に合わせて時間を計りましょう。あればティーコージーをかぶせます。

★主な等級による茶葉の量と蒸らす時間の目安★

等級    茶葉  蒸らし時間
OP     大山1杯  3~5分
BOP     中山1杯  2~3分
D       小山1杯  1~2分
CTC製法    小山1杯  1~3分

今回はストレートティーの淹れ方を紹介しましたが、ミルクティーやレモンティー、ロシアンティーなど、紅茶には他にも様々なレシピがあります。興味のある方はぜひ図書館やインターネットで調べてみてくださいね。

参考資料

書 名          /著者名      /出版者    /出版年
『茶の世界史』       ビアトリス・ホーネガー  白水社   2010
『紅茶の世界』       荒木安正       柴田書店    1994
『日本茶・紅茶・中国茶』              新星出版   1999
『お茶の科学』        大森正司          講談社     2017

IMG_0222
▼これらの資料は直接来館しての貸出のほか、お近くの図書館を受取館として指定し取り寄せることもできます。(郷土資料は館内閲覧のみ)

詳しくはこちら→「インターネット予約貸出サービス

▼また、お住まいの地域の公共図書館や、図書館の無い町村の公民館図書室にお申込いただいてご利用いただくことも可能です。

詳しくはこちら→「相互貸借

 もっといろいろ知りたい方へ:参考リンク

長野県でも紅茶が作られているのです!

南信州の茶/南信州地域振興局




■この「調べちゃいました~疑問解決~」は、これまで県立長野図書館メールマガジンに掲載してきましたが、読みやすさ等を考慮し、ブログにお引越しすることになりました。今後はこちらでご愛読いただきますよう引き続きよろしくお願いいたします。

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

LINEで送る

このブログのトップへ