是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > その他 > 林務課の日常⑥~治山現場レポート(徳音寺)① 着手前~

林務課の日常⑥~治山現場レポート(徳音寺)① 着手前~

皆さん、こんにちは。はじめまして、木曽地域振興局林務課のFです。

 

いきなりですが、皆さん「治山」という言葉を聞いたことはありますか?

 

「山を治める」と書いて「治山」。

漠然としていてあまりイメージが湧かないと思います。

 

治山とは言い換えると、森林に人間の手を加えることで(治山ダム・森林整備など)、森林が本来持っている、山崩れや土石流の災害を防止する機能を発揮させることです。

 

多くの森林資源をかかえ、山と共存し生きてきた長野県にとって治山は重要なことですね!

 

今回から治山の現場について、随時レポートを更新していきます。

紹介する現場は徳音寺という地区です。徳音寺は木曽郡木曽町日義の北側に位置し、近くには源氏一族の源義仲の墓提寺としても有名です。今回の現場はその近くになります。

 

 

tokuonnzi
計画では、写真の石積の治山ダムが老朽化し、機能が低下しているため、下流側に新しく治山ダムを1基作ります

 

下流側に作る理由は昭和26年に作られたダムの石積みが崩れ、さらに下流側の斜面が侵食されているため、今後、多量に雨が降り土石流が発生した際、被害の拡大が懸念されるからです。

 

 

tokuonnzi2
 

これから、この現場に、治山ダムを作るわけですが、しっかりとしたダムを作らなければならないという使命感と、果たして本当に作り上げることができるのか?という不安な気持ちを抱えて、日々を送っています・・・。笑

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ