是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 自然・名水・秘境 > 「御嶽ブルー」に「コマクサ銀座」、「ライチョウ」も登場!~御嶽山の夏

「御嶽ブルー」に「コマクサ銀座」、「ライチョウ」も登場!~御嶽山の夏

みなさん、こんにちは~! 会計センターのサイクリストKです。

「御嶽山」の北峰「継子岳」に咲く高山植物の女王「コマクサ」です。

IMG_2633
砂礫地の中で鮮やかなピンク色の花を咲かせる、可憐な姿がとても美しい花です。

小さな株ですが、よく見ると葉っぱは細かく分かれ、花弁はふくらみと中央のくぼみ、先端の反り返りと、とても複雑な造りをした繊細なお花なのです!

 

そして御嶽山と言えば、「三ノ池」コバルトブルーが素晴らしいです。

IMG_2697
残雪と御嶽ブルーの競演、この眺めはこの時期限定!~山から登山者へ素敵な贈りものです!!

 

7月17日(祝)の海の日、海へは行かずに信州人らしく山へでかけてきました!

御嶽山の継子岳周辺で「コマクサ」が咲き始めたという情報が入ったので、岐阜県側の「濁河温泉」登山口から飛騨頂上~継子岳周遊登山をしてきましたので、その様子を紹介します。

この日は梅雨の曇り空・・・景色はあまり期待できないのでコマクサだけ見て帰ってこようと、継子岳に近い岐阜県下呂市の「濁河温泉」の登山口を選択。開田高原から峠を越えて岐阜県に入り、御嶽山麓の北側をぐるっと回ると温泉街に到着します。

IMG_2525
雨上がりの登山道、木道や石積みが続くので滑りやすく、ちょっと注意が必要ですが、苔生した森林の中を歩くのはとても気持ちの良いものです。濁河コースは傾斜もきつくなく、御嶽山への登山道の中では登りやすいルートです。途中で「ジョーズ岩」「蛙岩」がありますよ。

IMG_2574
森林限界を越えると継子岳の西斜面をトラバース、目の前に「摩利支天山」が現れます。ここで薄らと青空が見えはじめ、ハイマツ林を過ぎ、砂礫地まで来ると「コマクサ」がたくさん咲いています! そして「飛騨頂上」に到着したら、なんと晴れた!!

IMG_2609
飛騨頂上から「継子岳」へは30分程の稜線歩き、コマクサを始め、可憐な花を付けた高山植物に囲まれた天空の散歩道です。ハイマツ帯と岩場の境で鳥の鳴き声が聞こえたの見ると・・・「ライチョウの親子」がいました。ひな鳥の歩きが早くて驚きです。癒されますね~♪

IMG_2605
稜線は、ハイマツ帯、砂礫地、岩場と変化に富んでいて、中央アルプスの稜線とよく似ています。立ち並ぶ岩のオブジェ、見応えあります!

IMG_2634
飛騨頂上から、継子岳継子岳2峰の間は「コマクサ銀座」です! まだまだ小さな株もたくさんありましたので、しばらくはコマクサのお花畑を楽しむことが出来そうです。

「継子岳」山頂@2859mに到着です。梅雨の終わりを告げるような青空が広がりました。剣ヶ峰方面のガスも晴れてきて、御嶽山域全体が姿を現します。

IMG_2648
3連休の最終日の午後のせいか、継子岳周辺に人影は無し・・・この贅沢な空間を独り占めで、山頂ランチ休憩を楽しみました。山頂でコーヒーを飲んでいたら、「キアゲハ」が現れて、しばらく自分の周囲を舞っていましたよ。予定では継子岳でコマクサを見て帰るはずだったのですが、お天気が回復したので、継子岳周遊コースを楽しんでいくことにしました。

継子岳から東の2峰へ向かう尾根にも、コマクサの群生地があります。登山道とロープで分けられ保護されていますが、登山道にもたくさんの株があって・・・踏まないように慎重に歩きました。

IMG_2669
継子岳2峰から見る剣ヶ峰方面の様子です。南北に広い御嶽山の山域は、この2峰からが一番よく見ることが出来ます。南の剣ヶ峰周辺は荒々しい火山の山容、そして北半分の摩利支天山から継子岳は緑豊かな植物の宝庫。対照的な風景、どちらも素晴らしいです。

IMG_2673
こちらは2峰から見下ろした「四ノ池」です。継子岳の周遊コースは、この四ノ池の周囲を一回りする尾根歩きとなっているのです。見てのとおり、現在、四ノ池に「池」は無く、緑豊かな草原となっています。

IMG_2678
「四ノ池」に降りてきました。中央に小川が流れ、川のせせらぎと小鳥の泣き声が響く緑の楽園です

IMG_2684
かわいいお花がいっぱい咲いていますよ、ここはお花畑が広がる「天空の楽園」ですね! 御嶽山というと、剣ヶ峰付近の険しい山の映像ばかりが紹介されているような気がしますが、広い山域には緑豊かで、お花畑が広がる景色もあるのです。

IMG_2691
そして、四ノ池から丘を登って眼下に現れるのが「三ノ池」です。 この青さが何とも言えない美しい池です。残雪があると、一段と綺麗に見えますね。

IMG_2693
継子岳周回ルートの最後の尾根歩きです。この尾根歩きの素晴らしいところは・・・。

IMG_2698
右手に「四ノ池」の草原を見下ろし・・・

IMG_2705
左手に「御嶽ブルー」の三ノ池を見ながらと、どちらを向いても絶景が広がっているところです。

IMG_2706
すっかりと梅雨の雲が消えました。青空が一面に広がり、一足先に梅雨明け気分です。夏の空と御嶽山、素晴らしい!

飛騨頂上、「五ノ池小屋」へ戻ってきました。 この五ノ池小屋ですが、中に素敵な「カフェ」があるんですよ! ちょっと長くなりますので、カフェの話題は次回のお楽しみに!

IMG_2728
曇天から快晴に~今回も素晴らしい景色を楽しむことが出来ました。山の神様、ありがとう!!

 

今年2回目の御嶽登山、予想以上にたくさんのコマクサが咲いていて、残雪と三ノ池の景色や、ライチョウの親子と出会うことも出来て、本当に行って良かったです。 今回が木曽へ来てから9回目の御嶽登山・・・、ってことは、次は記念すべき10回目だ! 次回は未踏の開田コースで登ってみるかな?(笑)

※ 「御嶽山」は入山規制があります。詳細は木曽地域振興局のホームページをご覧ください。

https://www.pref.nagano.lg.jp/kisochi/kisochi-somu/ontakesan/anzentaisaku.html

☆☆☆「御嶽山」の季節ごとの様子は過去のブログ記事をご覧ください。☆☆☆

○今年の春の御嶽山のブログ記事です。

http://blog.nagano-ken.jp/kiso/nature/10601.html

 

○夏の御嶽山のブログ記事です。(昨年)

http://blog.nagano-ken.jp/kiso/nature/8326.html

 

http://blog.nagano-ken.jp/kiso/nature/8368.html

 

○秋の御嶽山のブログ記事です。(昨年)

http://blog.nagano-ken.jp/kiso/nature/8798.html

 

○王滝口から登る御嶽山のブログ記事です。(昨年)

http://blog.nagano-ken.jp/kiso/nature/9070.html

 

○初冬の御嶽山のブログ記事です。(昨年)

http://blog.nagano-ken.jp/kiso/nature/9476.html

 

LINEで送る

このブログのトップへ