是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 味・食文化 > 毎月第3木曜日は「健康づくり応援弁当」の日~木曽合庁食堂~レシピ付

毎月第3木曜日は「健康づくり応援弁当」の日~木曽合庁食堂~レシピ付

健康づくり支援課のMです。

2月16日は、木曽合同庁舎食堂の「健康づくり応援弁当の日でした。

健康づくり応援弁当とは、

エネルギー500kcal以上700kcal未満

野菜の使用量140g以上

食塩量3g未満

県産食材の使用 などに配慮した弁当です。

今月のお弁当は、「つくね煮のじゃがいもソース」「大根・人参ととツナの煮物」「ほうれん草のお浸し~ゆず風味~」「ご飯、漬物」「プチデザート」です。メニューは、栄養学を学ぶ大学生たちが木曽保健福祉事務所で公衆衛生の実習を行った際に考えたものを、当所の管理栄養士が季節に合わせてアレンジしたものです。木曽合同庁舎食堂のご協力で、「日替り弁当」を健康に配慮した内容の「健康づくり応援弁当」として、毎月第3木曜日に提供していただいています。

「健康づくり応援弁当」←ここをクリック

「食事バランスガイド」←ここをクリック

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

合同庁舎1階ロビーの手書きの看板

 「健康応援弁当 530円」

 「営業時間 11:30~13:00」  

食堂はロビーの一つ下の階です。エレベーターもあります。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

食堂入口の案内です。

本日のお弁当は

カロリー:672kcal 食塩量:2.9g 野菜量:165g

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

じゃーん お弁当です
白い塊がメインの「つくね煮のじゃが芋ソース」

テニスボール大でボリュームがあります。

 

 

 

 

 

管理栄養士のコメント

 「つくね煮のじゃが芋ソース」 じゃが芋を牛乳でのばしたまろやかなソースが味の決め手です。

 「ほうれん草のお浸し」 ゆずやみつ葉といった香味野菜を加えることで調味料や 塩分を減らし、風味豊かに仕上げました。ほうれん草を、小松菜、春菊、チンゲン菜等の青菜に替えても美味しいです。これからの季節なら、菜の花がおすすめです。

  旬のものを使用するよう心がけています。

 

食堂の人気メニューは「日替り弁当530円」ですが、各種丼物から麺類のほか、「木曽牛カレー皿うどん」「すんきそば」といったご当地メニューも手ごろな値段で楽しめます。

次の「健康づくり応援弁当の日」は3月16日(木)、どなたでもご利用いただけますので、お気軽にお出かけください。

 

レシピ(一人分)

〇つくね煮のじゃが芋ソース

【材料】鶏ひき肉60g、玉ねぎ20g、パン粉6g、卵10g エリンギ30g ゆず皮 少々

調味料:水30g 濃口醤油7.2g、本みりん7.2g、酒9g、砂糖1.8g、

じゃが芋ソース:じゃがいも35g,牛乳21g

【作り方】

①ひき肉に玉ねぎ(みじん切り)パン粉、卵を入れ、よく混ぜ合わせ、小判型のつくねをつくる

②鍋に調味料を入れ火にかけ沸騰したら、つくねとエリンギ(縦半分に切る)を入れ、落し蓋をして中火で途中

上下させながら煮上げる。

③【じゃが芋ソース】鍋にじゃが芋(ゆでて裏ごし)と牛乳を加えて弱火にかけソース用にとろみをつける。

④つくねとエリンギ(2切れ)を器にのせ、じゃが芋ソースをかけ、ゆず皮をのせる。

 

〇大根・人参とツナの煮物

【材料】大根45g、人参25g、ツナ缶14g

調味料:水100g 濃口醤油7.2g、本みりん3.6g、酒3g

【作り方】

①鍋で大根と人参(ひと口大の乱切り)を少し煮てから、ツナと調味料を加え中火で軟らかくなるまで、

煮込む。

 

〇ほうれん草のお浸し~ゆず風味~

【材料】ほうれん草30g,みつ葉15g,濃口醤油2g、砂糖0.5g、穀物酢1.6,ゆず皮3g ゆず果汁1.6g

【作り方】

①ほうれん草とみつ葉はさっとゆで、水にさらしアクをとり、食べやすい長さ2cmくらいにきる。

②ボールに調味料とゆず皮(千切り)果汁をあわせておいて、盛り付ける直前に混ぜ合わせる。(時間をおくと水がでてしまうため)

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE