是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 味・食文化 > ぶきっちょさんの「すんき漬け」~チャレンジ編~

ぶきっちょさんの「すんき漬け」~チャレンジ編~

だんだんと日が長くなってきましたが、寒い毎日ですね。

木曽保健福祉事務所 健康づくり支援課のNです。

 

「ふるさと体験館きそふくしま」の講習会に参加し、初めてすんきを漬けてから3ヶ月が過ぎました。

講師の先生のおかげで美味しくできたので、自宅で12月には「木曽菜(信州の伝統野菜)」を、1月には「キャベツ」のすんきに挑戦しました。

すっぱい香りが出て味が落ち着くまで3週間ほどかかりましたが、すんきをつくることができました
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 

 

 

 

 

〇上段:かぶ菜のすんき    すんきの王様

〇下段左:木曽菜(信州の伝統野菜)のすんき

    食感:歯ごたえあり

    味:酸味+辛味 深みがあり、くせになる味

      お酒のおつまみやがっつり系の食事に◎ 

〇下段右:キャベツのすんき

    食感:やわらかい

    味:酸味+甘味 さわやかな香りでさっぱりとした味 サラダ感覚でバリバリいける。

      お茶うけやあっさりとした食事に◎ すんきが初めての人でも食べやすい。

※以上は「かぶ菜」を基準とした個人的な感想ですが、それぞれに特徴があり食べ比べも楽しいものです。

残り少なくなったので、「もっと食べたい」と、2月のとある日、「キャベツのすんき」を漬けてみました。

材料はキャベツ3個(3.8kg)で、かぶ菜のすんき(1.4kg 汁込み重量)を種に使いました。

キャベツすんきの良い所は、材料が簡単に手に入ることです。

漬け方はこちら:ぶきっちょさんの「すんき漬け」体験

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

ザクザクとキャベツを刻みました。手前にある「かぶ菜のすんき」(マイすんき)を種にします。

キャベツの芯も薄く切って入れました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

全ての材料が発砲スチロールの箱に入りました。あとはしっかり口を閉じて、発酵するのを待つだけ。

ここまでの所要時間は30分。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

2月末にはこのような食べ頃になる予定です
色が抜けてしまうのが少々残念です。

今季最後のすんき漬けを終え、「来年は自分で育てたかぶ菜で漬けたい。」と思うNでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ