是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

ほお葉巻

“ほお葉巻き”は、あんこを米粉の衣で包み、ホウの葉っぱで巻いて蒸しあげた菓子。
木曽地方では、月遅れの端午の節句のお菓子として昔から親しまれてきた。


道の駅で販売されていたほお葉巻き


中身はこんな感じ

時期になると街の菓子店や直売所で売り出され、6月上中旬には「ほお葉祭り」なるものも盛り上がりを見せる。

今年は天候不順で、ホウの葉の成長が心配されたが、確か5月14日には店頭に並んでいたように思う。

お店の方に聞いたところ、7月22,23日の水無神社のお祭り(みこしまくり)まで、葉っぱさえ調達できれば7月末までは販売するとのこと。

始めの内は暖かい中津川の方から葉を仕入れ、最後は北の方、標高の高い地域から仕入れるのだそうだ。

このブログのトップへ