是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 歴史・祭り・ひと > 水無神社例大祭(みこしまくり)のお知らせ

水無神社例大祭(みこしまくり)のお知らせ

 御神輿をまくって(=転がして)壊してしまうことから、「天下の奇祭」として
有名な「水無(すいむ)神社」例大祭が、毎年7月22日(木)、23日(金)に
行われます。

 是非ご覧ください。勇壮な祭りです。

 主な日程(予定)をお知らせします。 
 22日 11時~19時 御神輿練り歩き(福島町内)

 23日 12時~19時 御神輿練り歩き(福島町内)
      20時~24時 みこしまくり


御神輿練り歩きの様子

 「水無(すいむ)神社」は木曽町福島の伊谷(木曽養護学校の上)にあり、
「例大祭」は曜日に関係なく、毎年7月22日・23日に行われます。

 22日昼から23日の夕方にかけ、枠持(わくもち)と呼ばれる「水交会」の
メンバーと各地域の担ぎ手が、「惣助(宗助)!幸助!ソースケ!コースケ!」
の掛け声や木曽の祝い歌「高い山」を歌いながら、素木で新造された約100貫
(約400キロ)の御神輿をかつぎ、町内を練り歩きます。

 御神輿の行列は、「猿田彦」の神(天狗)らを先頭に、神幸を告げる「太鼓」
「のぼり」、そして300年前に京都で造られた「だんじり」(山車)が引かれ、
祇園囃子に似た上方風のしっとりとした囃子が奏でられます。

 次に「御神輿」、その後には、「笛」「太鼓」「傘」「鉾」「大刀」「弓」、最後に
「大神さま」と呼ばれる大きな紙幣と「神職」「神馬」が従います。礼節のなか
にも賑やかさのある行列です。

1 2 3

このブログのトップへ