是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 歴史・祭り・ひと > 藪原祭り(やぶはらまつり)

藪原祭り(やぶはらまつり)

 木曽川の源流、木祖村で行われる「藪原祭り(やぶはらまつり)」

 木曽地方の夏祭りの先陣を切って、毎年、7月8日、9日に行われます。
 梅雨時のため別名「雨降り祭り」とも。8日は宵祭りで9日が本祭りです。

 祭の主役は、御神輿に上獅子(雄)と下獅子(雌)。
 これらがすれ違う「寄け合い」の際、獅子が舞を披露します。

 上獅子(雄)は力強く、下獅子(雌)は優雅に、それぞれの舞に特徴があります。

 …では、本祭り9日、昼過ぎの薮原宿の様子をご紹介します。

  まずは、御神輿と下獅子
 
   【左右に振れながら神輿が練り歩く。向かう先には下獅子が待っている】

 【御神輿と下獅子の寄け合い】

 さあ、今度は上獅子が登場!

   【男性的で力強い舞です】

   【下獅子の舞は優雅です】


 今年は8、9日共に平日でしたが、来年は9日が土曜日です。
 是非お出かけください。

LINEで送る

このブログのトップへ