い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > 地域の元気創造中!~きものファッションショー~

地域の元気創造中!~きものファッションショー~

いよいよ平成29年もあと1か月ほどになってしまいました。

つい最近セミが鳴いていたような気がするのですが…。

閑話休題。今回は11月23日(木)に実施された「駒ヶ根発きもの文化伝承プロジェクト」様の「きものファッションショー」に参加させていただきました。

開演前に会場内をウロウロしていると、「きもの」の展示場があり、見学させていただきました。

写真
そもそも「きもの」は日本で古くから用いられてきた衣服を示すことも多いですが、狭義の意味では「和服」や「羽織」などを示すそうです。

展示場にいらっしゃった機織り職人さんに「きもの」の製作過程を伺うと、以下の工程を経て完成することになるそうです。

1 蚕が作り出した繭の糸をほどく(生糸)

2 糸を植物染料などで染める(先染め)

3 織り機を使って糸を縦と横に組み合わせて生地にする(機織り)

4 この生地を幅約0.37m、長さ約12.5m程(一反)に織っていく

この一反の生地で一着の和服や羽織が完成するそうです。

現在この機織り職人さんは一反の生地を完成させるのに、10日~2週間かけて丁寧に手作業で製作しているそうです。

 

機織り職人さんへ取材していると時間もあっという間に過ぎ、15時から「きものファッションショー」が始まりました。

 

syasinn1
オープニングは、地元駒ヶ根市の機織り倶楽部の皆様が手作りで製作した「きもの」を身に纏い、会場内をランウェイ。

syasinn2
親子で「きもの」を製作された方。

syasinn3
杉本駒ヶ根市長と伊那市出身のアイドル成美さんのランウェイ。

写真6
ウェディングドレス風に着飾った「きもの」。

写真5
女性写真家の蜷川実花さんデザインの豪華な羽織を纏ったモデルさんの登場。

写真7
ランウェイ終了後、イベント主催者の樋屋先生による帯結びの実演。

syasinn4
最後は出演者全員が集合し、華やかなフィナーレでした。

男性の私から見ても、きものには洋服とは異なる日本独自の文化を感じることができる一時でした。

LINEで送る

このブログのトップへ