い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > ミラクルで始まったM上の長野県職員ライフ!~飯田線リレー号の奇跡への道のり②~

ミラクルで始まったM上の長野県職員ライフ!~飯田線リレー号の奇跡への道のり②~

トップ画像

こんにちは。商工観光課のM上(えむかみ)です

前回の記事から上伊那で長野県職員として働いてみた体験談をお届けしております。

M上が正式採用になれたのかどうか気になってくれているお優しい方が読者にいることを願って、

その続きを書いていくこととします。

 

第一回目の掲載はこちらよりご覧いただけます。

 

「M上さん、飯田線リレー号3回目は『1000のありがとう大作戦』をやるから車内をもっと盛り上げてね。

それができると正式採用に近づくかもよ!?」

商工観光課の熱血上司たちにこう告げられた試用期間中のM上はプチパニック

なぜなら上司からのミッション『1000のありがとう大作戦』のハードルが思ったよりも高かったのです。

 

『1000のありがとう大作戦』とはなんとその名のとおり飯田線リレー号運行中に1000回のありがとうを巻き起こそうというものでした。

飯田線リレー号の運行時間は1時間たらずです。本当にそんなことができるのか。周りから不安の声も聞こえてきました。

日に日に成功させないと正式採用にならないかもしれないというM上の不安もMAXに。

 

しかし!第3回目が終わってみると車内はたくさんのありがとうで溢れる結果となったのですご覧ください!

観光アテンダント③

研修会で「1000のありがとうを達成しよう!」とよびかけたところ、

観光アテンダントが当日乗客の方ひとりひとりに2回程度感謝の言葉を届けてくれました

 

さらに、この日の乗車記念品を乗客にプレゼントしました。

地元企業のスワニー様に作成していただいたペットボトルホルダーには感謝の文字を印字していただきました。

(スワニー様のHPはこちらからご覧いただけます。)

1 2 3 4 5

このブログのトップへ