い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

小渋ダム開放DAY

南信発電管理事務所(南発)の水車男です。
去る7月29日(土)、「に親しむ旬間」に国土交通省天竜川ダム統合管理事務所が開催する恒例のイベント「小渋ダム開放DAY」に一般参加してきました。

102_1184
上伊那郡中川村(右岸側)と下伊那郡松川町(左岸側)の境界に建設された小渋ダムは、天竜川ダム統合管理事務所が管理するアーチ式コンクリートダム。 洪水調節のほか、かんがい用水と発電に利用されており、南発が運転管理している小渋第1・第2・第3の3つの発電所は、このダムから取水しています。

P7290003

村道から望むダム全景



高さ105m、長さ293m、この薄く美しいアーチが両岸の岩盤に踏ん張って、ほぼ諏訪湖の貯水量にも匹敵する水圧をガッチリと受け留めます。
夏期の降雨に備える制限水位のため、この時期は小渋湖の水位は低めに維持されています。
写真右下の白い屋根が小渋ダム・インフォーメーションセンター、対岸に見える建物が管理事務所です。

さて、ダム駐車場に9時頃に到着。見学開始は9時30分からですが、受付テント周辺には既に遠方からの来場者がちらほら。
P7290006 P7290007
受付では、國村所長さんも陣頭指揮をとってスタンバイOK。
受付に住所・氏名を記入しパンフとダムカードをいただいて、さあ見学ルートへGO!

インフォメーションセンター02受付・展示-002
小渋ダム関係情報のほか、松川町・中川村・大鹿村の各観光情報などのパネルが多数展示されています。

02受付・展示-001

パネル展示



見学は、シャトルバスで下流側のバイパストンネル横まで一気に移動してもよし、エレベーターで降下してもよし、開催時間中は開放エリア内を自由に歩き回れます。

P7290016 P7290020
(写真右)ダムの堤体外側に設置されたエレベーター塔。

P7290022 みなさんここからエレベーターで下りていました。

102_1955
まず、B2まで降り、キャットウォーク(歩廊)でダム中央部へと進みます。

P7290034
下を見ると、ダム高のほぼ真ん中50m強の高さはこんな感じです。
中央からやや右上に立っている人がわかるでしょうか。
高い所が苦手な方は、【閲覧注意】かも。

P7290028
減勢工(副ダム)。放流した水の勢いを弱めるプール。
写真の右上角に小さく写っているのが、バイパストンネル横のバス乗り場です。

P7290023
緑色に塗装された構造物がコンジットゲート(常用洪水吐き)。

ダムにはいくつかのゲートがあります。O
(堤頂の通路に張られていた説明書き)

P7290030
重量50トンのコンジットゲートを真下から見る。
ダム湖の水面は、ここから20m以上上にあります。

 

ちなみに、ゲートを開いて放流すると、こうなります。

102_1183

撮影:2017.6.9



ゲート1門で1秒間に流せる水は、最大340トン。2門を全開するとその倍の680トン、小学校のプールなら3杯分の水を1秒で流せる勘定になるそうです。

再びエレベータで一番下のB3まで降ります。

P7290035 さらに、監査廊(通路)の階段を下りると。

P7290037 ダムの一番下の通路。

ここには、漏水量や堤体変位を計る装置(プラムライン)が設置されています。

04B3・プラム

プラムライン;ダムを貫通するステンレス線が天井(写真右)から装置へと垂直に下がる



ダム上部から重りをつけたステンレス線をぶら下げ、その下端の移動量を電気的に計測します。これにより水圧荷重などによる堤体のごく小さい変位量を測定し、安全管理のためのデータを得ます。

通路をさらに奥へと進んで今度は階段を上る。

P7290038 反対(左岸)側の出口へ

P7290039 ここから外へ出ると

102_1965 エレベータ塔とコンジットゲートを一望。

 

102_1976
左岸側の管理事務所を見上げる。

102_1975
コンジットとその上にあるクレストゲート(非常用洪水吐き)。

102_1973
今歩いてきたキャットウォーク。
ここから、右岸側を下流に向かって前進。

102_1978
ダム正面からのショット。

管理橋を渡って左岸側へ。

P7290047
左岸側から見たダムの全景。
右端にちょっと写っている水しぶきが、南発が管理する小渋第3発電所からの放流水です。

102_1982 この枠の中に入って、パチリとやれば、オリジナルの記念ダムカードも作れま~す。なんて、なかなか考えてますね。

 

もちろん、小渋第3発電も見学ルートとなっております。

P7290048t

この日、南発からもスタッフ3名が常駐し、首を長くしてご来場待ち!
ダム堤体内の通路と違って少々暖かく暑さもひとしお、迫力の騒音も体感できます。
発電機の音に負けじと声を枯らしながらの懇切丁寧な説明。

小渋第3発電所は、国土交通省の小渋ダム環境改善事業の一環として、小渋ダムから放流される河川維持流量(最大0.88㎥/s)を有効利用した発電所です。最大出力550kW、年間発電電力量は2,478千kWh。これは、一般家庭の約700世帯分に相当する電力量です。

P7290065

↑ 画像をクリックすると小渋第1・第2・第3発電所の概要がご覧いただけます



この日終了時刻の午後3時までに、計 167 名の方々にお越しいただきました
多数のご来場、ありがとうございました。

 

さて、いよいよ見学ルートの最終地点は、
P7290051
土砂バイパストンネル(吐け口)。
このトンネルは、ダムの上流にたまった細かい土砂を下流へと流すための、全長4kmのバイパス。平成28年9月に完成し現在試験運用中で、最近では、7月上旬の台風3号による増水時に約3時間、運用されています。

中から涼しい風が吹いてきて、暑い夏にはもってこいの場所。しかし、トンネルは奥の方がカーブしており真っ暗です。ライトなしで50m?ほど進入してみましたが、次第にトンネル内を真っ直ぐ歩くことができず壁に接近して立ち往生。やむなくUターンして出口へ向かって引き返す。ライトを持ってくるべきだった!
なお、暗闇でのストロボ撮影は、水蒸気に反射してしまい何も写りません。

出口に近づいたところで、ちょっと幻想的な画像が撮れました。P7290062
 

トンネルの壁を利用しての「お絵かきコーナー」。102_1985
なかなかの名画です。
まだイベント開始して1時間足らずなのでこれだけですが、終了までには、たくさんの絵が壁を埋め尽くすことでしょう。

 

この後は、シャトルバスで駐車場まで戻ります。
所要時間、1時間のダム散策の旅は、ダムマニアさんはもちろん、老若男女ご家族で楽しめるイベントです。

102_1182

みなかた保育園・卒園記念モニュメント



 

 国土交通省中部地方整備局天竜川ダム統合管理事務所のホームページはこちら(外部リンク)

 

南信発電管理事務所では、当所が管理する発電所と高遠ダムの見学を随時受け付けています。
見学をご希望の場合は、あらかじめご連絡の上日程調整をお願いします。


 長野県企業局南信発電管理事務所のホームページはこちら(外部リンク)

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ