い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

守屋山と高遠そば

みなさんこんにちは

上伊那魅力発掘探検隊のR子です(*''▽'')

平成29年11月26日(日)伊那市高遠町と諏訪市の境にある標高1651mの守屋山に登ってきました\(^o^)/

 

【守屋山登山】

伊那市高遠町R152号を北へ杖突峠方面に車を走らせ、峠の約1km左手前の「立石コース登山口」から山道へ入ると駐車スペースが2か所にあります。手前の駐車スペース(3台)に止めて登山開始です。

IMG_8629.cleaned.jpg; x-apple-part-url=AD90B90F-1F05-46EA-ABD7-0041F53838D7
登山道には落ち葉がふかふか積もり膝への衝撃がやわらげられとても歩きやすいです(*´ω`*)

 

【登山口】

IMG_8630.cleaned.jpg; x-apple-part-url=1A947E8B-DA5C-4FB6-9F3E-7BE9A66B93E8
木々の葉が落ちて明るい林の中です
 

【百畳岩】

IMG_8638.cleaned.jpg; x-apple-part-url=9DB16A97-8C63-4CD5-B6BA-2E74E6E04A0C
岩の上から中央アルプスが望めます(#^^#)

百畳の広さはないと思いますが一枚岩でこんなにも広い岩は今まで見たことがないです(@_@)

10人ぐらいでお弁当を広げられるほどの広さです
他にも名前の付いた岩があり、それぞれの説明書きを読むのも楽しみですヽ(^。^)ノ

 

【登山道】

IMG_8643.cleaned.jpg; x-apple-part-url=136109D2-8088-474E-8308-997F7CBCB06E
薄っすら雪が残る登山道です
【山頂】守屋山東峰

IMG_8644.cleaned.jpg; x-apple-part-url=071BA669-A7C7-4F55-80FF-5DDC7E77B0EA
山頂には7人ぐらいの人が撮影をしたり休んでいらっしゃいました(*^▽^*)

 

【山頂】守屋山西峰

IMG_8658.cleaned.JPG; x-apple-part-url=F339C77E-58AC-4571-BDB8-61901FD0A3F5
東峰から20分で1等三角点のある西峰に到着です
しばらくすると箕輪町方面から沢登りをされて来た20名くらいの団体さんと東峰からの団体さんで山頂は大賑わいとなりました
山の本にも取り上げられ、首都圏をはじめ県内外登山者に「人気の山」です(#^^#)

 

【山頂からの眺望】

仙丈ケ岳

IMG_8676.cleaned.JPG; x-apple-part-url=55D3F47E-650C-4F86-84DE-3B615F042A80
モノクロの景色
 

浅間山

IMG_8672.cleaned.JPG; x-apple-part-url=0E736F4A-7849-4C6E-93F6-0755F95B6E8C
雪を頂いた姿がよく見えました
 

伊那谷と中央アルプス

IMG_8675.cleaned.JPG; x-apple-part-url=BA62991F-E03F-4F46-ADAE-B55FD7E95011
雪を頂いた経ヶ岳(写真中央右)がドーンと望めます(*´▽`*)

 

諏訪湖

IMG_8674.cleaned.JPG; x-apple-part-url=BC12D93C-8EC5-4143-85A0-26B90AB49AE3 (1)
花火がよく見えそうですね(*''▽'')

 

ちょうどお昼に下山して来たので「高遠そば」を食べてきました
【高遠そば】

IMG_8692.cleaned.jpg; x-apple-part-url=167AB5CC-FC01-48BD-A2FC-7EF964AE5C86
焼き味噌とつゆをゴリゴリして辛み大根とおネギで戴きます
締めはビタミン、ルチン、カリウムが豊富なそばのゆで汁を残ったつゆに入れて飲みます
子供のころ母が作ってくれた懐かしいお味です
駐車場には数台の県外車が止まっていて人気のほどがうかがえます(#^^#)

 

積雪にもよりますが、元旦の「初日の出」を見に守屋山に登られる方もいらっしゃるそうです。

冬でも登ることのできる身近な山に思い切って出かけてみませんか(*^▽^*)

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ