い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 地域の元気創造中! ~かやぶき倶楽部&カントリーライド~

地域の元気創造中! ~かやぶき倶楽部&カントリーライド~

突然ですが、音楽は好きですか?

 

ラジオやテレビで流れてくる音楽を聞くことはあっても、歌を歌ったり演奏したり、という機会がなくなってしまった方、多いのではないのでしょうか。

 

そんな私も学生の時には友人とカラオケに行く機会もありましたが、社会人になるとそういう機会がすっかり減ってしまいました。

 

 

なぜ、こんな話をするのかと言いますと、6月10日(土)、11日(日)に音楽に関する元気づくり支援金採択事業のイベントに参加させていただいたからです。

 

6月10日は、かやぶき倶楽部実行委員会の「かやぶき倶楽部」に参加させていただきました。

今回は東春近小学校合唱倶楽部の児童が長年音楽指導に携わってきた佐原玲子先生の指導を受けながら、地域の皆様の前で歌声を披露してくれました。

 

当日は、かやぶき倶楽部会員の御年輩の方や、児童の保護者の方、また東春近小学校合唱倶楽部OBの地元中学生など、幅広い年齢層の方が参加されており、私も一緒になって約20年ぶりに「夕焼小焼」を歌わせていただきました。

 

東春近小学校合唱倶楽部の児童に合唱倶楽部に入ったきっかけや合唱の好きなところを伺うと、もともと音楽が好きで合唱倶楽部に入り、年齢関係なく音楽を通じて様々な方と知り合いになることができ、とても楽しいと言っていました。

 

そして翌日11日(日)は、カントリー信州観光推進協会の「カントリーライド2017」に参加させていただきました。

 

数日前には、雨の予報でしたが当日は雲一つない晴天の中、元H2Oの赤塩 正樹さんのMCに始まり(思い出がいっぱいも披露していただきました!)、プロの演奏や地元の高校生シンガーの歌声を披露していただきました。

 

このイベント、カントリーミュージックを様々な方が演奏してくださるのですがそもそもカントリーミュージック、皆さんは御存知ですか? “カントリー”というだけあって、カウボーイが由来…ではなく(笑)

 

【ポイント1】

バラードからダンス音楽まで幅広い音楽性を持つ、フォーク・ミュージック

 

【ポイント2】

人々の日常生活を題材にした歌詞

 

【ポイント3】

音楽に合わせて、踊れる

 

いわば民衆のための歌であり、「カントリーミュージック」というジャンルは例えば日本でいう演歌やポップスといった分類とは若干ニュアンスが異なるもの、とのことです。

私もよく聞くテイラースウィフトの歌もこの「カントリーミュージック」の括りに入るそうです。当日はテイラースウィフトの曲も演奏されていました。

 

【ポイント3】で触れましたとおり、「カントリーミュージック」はただ演奏を聞くだけでなく、写真にありますとおり会場中央にあるステージでそれぞれの曲に合わせ踊ることができます。会場に来ていた方にカントリーミュージックを好きになったきっかけを伺うと、このダンス(カントリーダンスと言い、ステップは繰り返しも多く年配の方や小さな子どもも踊れるそうです。)を知り、好きになったという方もいらっしゃいました。

2日間音楽に関係するイベントに参加させていただき、音楽の魅力の一端を学べた、そんな気がしました。

6月17日(土)には、伊那市で初(らしい)の野外ジャズイベントもあります。

最近音楽なんて聞かない、そんな方はこういった機会に音楽に触れてみませんか?

 

IMG_0854

 

IMG_0857

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE