い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 伝統的工芸品「伊那紬」~あなたは経(たて)糸?緯(よこ)糸?

伝統的工芸品「伊那紬」~あなたは経(たて)糸?緯(よこ)糸?

地域政策課のOTです。

伊那谷の自然を染めた「伊那紬」を製造している駒ケ根市の久保田織染工業株式会社さんにお伺いしました。

創業は明治43年というから、100年以上も受け継がれています。

地域に息づく伊那紬は、松本紬、上田紬、飯田紬とともに総称して信州紬と呼ばれています。

11
「蚕の国、絹の国」として知られる信州にあって、伊那紬は古くから養蚕業が盛んで、長い歴史があります。

伊那谷のおんなたちが、家族のために代々受け継ぎ、織りつづけてきた独特の手織りばたで、一本一本丹精を込めた手織りした紬です。

染材は地元でとれる樹木や植物が使用されています。主に6種類がつかわれているそうです。

(りんご、やまざくら、いちい、矢車玉など)

04
石鹸と熱で不要な物質を落とす精錬が行われていました。

05
06
糸織りのところですが、今日はお休みでした。

07
08
09
10
上の写真は、いずれも染め上った糸ですが、染材のほかに違いがわかりますか?

経(たて)糸と緯(よこ)糸の違いです。

経糸は生糸、緯糸は真綿の手紡ぎ糸が使われています。

手で触ってみると、緯糸はとってもやわらかく、しっとりとした感触がしました。

中島みゆきさんの「糸」の歌詞

「縦の糸はあなた 横の糸はわたし 織りなす布はいつか誰かを

暖めるかもしれない」という言葉を思い出しました。

01
02
こうした手仕事で編み出された着物や小物からは、素朴で温もりのある風合い、織りびとのこころが感じられます。

(上の写真の小物はマフラーです。ネクタイや小銭入れなどいろいろありました。)

工程を全部みせていただきましたが、なにげない手さばきに職人技が光ります。

まさしく伝統的工芸品です。

03
13
お忙しいなか、取材に御協力いただきありがとうございました。

LINEで送る

このブログのトップへ