い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 地域の元気創造中! ~駒ヶ根ハーフマラソン~

地域の元気創造中! ~駒ヶ根ハーフマラソン~

地域政策課のkoです。
地域の元気創造中では上伊那地域で「地域発 元気づくり支援金」を活用した事業を紹介しています
今回は、平成27年9月に開催された駒ヶ根ハーフマラソンの様子をご紹介します。

駒ヶ根ハーフマラソンは「走る人」「応援する人」「支える人」すべての人に楽しんでもらうことをコンセプトに2013年から開催され、2年連続で全国ランニング大会100選にも選ばれている大会です。

P1060218

 

 

 

 

 

 

 

開会式の会場である駒ケ根市文化センターに入ると多くの参加者が集まっていました。
長野県のPRキャラクター「アルクマ」や、駒ヶ根市のPRキャラクター「こまかっぱ」、駒ヶ根市の夏祭り「KOMA夏!!」(こまなつ)から生まれた正義のヒーロー「SPEED太郎」も応援に駆けつけていました。

P1060072

 

 

 

 

 

 

 

P1060109
※左から「こまかっぱ」、「アルクマ」、「SPEED太郎」です。
3体とも、ゆるキャラ(R)グランプリ2015にエントリー中です(投票をお願いします

 

 

 

 

 

会場には、「地域発 元気づくり支援金」事業の平成25年度優良事例として上伊那地方事務所長表彰を受賞した駒ヶ根市の地域づくり団体「あつい!こまがね」の皆さんが制作した綺麗な「つるし飾り」が飾られたり、駒ヶ根ソースかつ丼などの多くのブースが出展していました。P1060132b

 

 

 

 

 

P1060112
 

 

 

 

 

 

駒ヶ根市は青年海外協力隊訓練所があることでも知られております。
また、本年は「青年海外協力隊事業」がスタートし50周年の節目の年でもあり、駒ヶ根訓練所で訓練を受けて世界に派遣された隊員も約18,000人になります。
今大会は、そのような縁から、「地域発 元気づくり支援金」事業を活用し、長野県(松本市)出身の元青年海外協力隊員の中川敬介さんと、中川さんが任国である「ザンビア共和国」で指導したナショナルユース選手のジャクソンさんを招待しました。

ジャクソンさんは見るからに大変早そうです!
P1060096

 

 

 

 

 

 

開会式であいさつP1060059
 
 

 

 

 

50周年の節目の年ということもあり、50名の特別枠を設け、全国から青年海外協力隊のOB、OGも派遣国の国旗を印字した特別ゼッケンをつけ参加していました。(特別ゼッケンも「地域発 元気づくり支援金」事業を活用しています

P1060085

 

 

 

 

 

 

P1060086

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060084
 

 

 

 

 

 

 

更に台湾から参加チームもあり、国際色の豊かな大会となっていました。
(台湾の人たちは服をたくさん着込んで、とても寒そうです…
P1060062

 

 

 

 

 

 

スタート前には、みんなで体操!もちろん、ゆるキャラも体操をします。
P1060128b

 

 

 

 

 

 

P1060124

 

 

 

 

 

 

いよいよスタートです!
P1060141

 

 

 

 

 

 

P1060144

 

 

 

 

 

 

 

派遣国の国旗を印字した特別ゼッケンをつけた方も沿道で声をかけられ頑張って走っていました。P1060163b

 

 

 

 

 

 

P1060169b

 

 

 

 

 

 

 

肝心の「ザンビア共和国」のナショナルユース選手のジャクソンさんの走る姿ですが・・・
私の前で急にスピードアップしたこともあり、連写のできないカメラを持った私はこんな写真しか撮ることができませんでした・・・(悲)
(一応説明しますと、オレンジ色の帽子の前を走る左側の人です…
ともかく、早かったの一言です。
P1060171b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会は3,000人を超える参加者があり、盛大に開催されておりました。沿道には多くの市民が応援し、ランナーに対し蕎麦やなしを提供していました。
来年以降も引き続き、国際色豊かで、大会コンセプトである「走る人」「応援する人」「支える人」すべての人が楽しむことができる大会として、更に盛り上がっていくことを期待します。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ