い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」 > ″上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」″とは?

″上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」″とは?

゛上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」”は、本を媒介にして、高校生の「読む」
「書く」  「聞く」  「話す」   を鍛え、輪を広げることを目的として

2009年より始まりました。

 

参考にしたのはフランスの「高校生ゴンクール賞」です(1988年創設:注1)。

ゴンクール賞自体はフランスで最も権威のある文学賞のひとつで、日本で言えば

芥川賞にあたります。高校生ゴンクール賞は本家ゴンクール賞候補の中から高校

生が独自に受賞作を選びます。

 

゛上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」”では、この企画をより身近に感じられる

ように生徒が候補作を推薦していますテーマがあった方が候補作をあげやすい

ということで、毎年テーマを決めています

夏と冬に行われる生徒研究会(図書委員を中心とした生徒の交流会)でポスター

や候補作を決めたり、座談会を行って大賞を決定したりしています

 

(注1)高校生ゴンクール賞に興味のある方は、辻由美「読書教育:フランスの

活気ある現場から」みすず書房(2008年刊)をご参照ください。

LINEで送る

このブログのトップへ